Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

皮膚幼虫移行症

(皮膚爬行症)

執筆者:

James G. H. Dinulos

, MD, Geisel School of Medicine at Dartmouth

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

皮膚幼虫移行症(ひふようちゅういこうしょう)は、温かく湿った土や砂に生息する鉤虫という種類の寄生虫が、人の露出した皮膚に侵入することで起こる感染症です。

皮膚幼虫移行症は通常、イヌやネコの腸に寄生しているアンシロストーマ(Ancylostoma)属の鉤虫によって引き起こされます。この寄生虫の卵(虫卵)は、イヌやネコの糞中に含まれていて、温かく湿った土や砂に放置されると幼虫にかえります。はだしで歩いたり、日光浴をするなどして皮膚が直接地面に触れた際に、鉤虫が皮膚に入り込みます。皮膚幼虫移行症は世界中でみられますが、熱帯環境で最もよくみられます。

感染は通常、足、脚、殿部、背中などの部位で起きますが、鉤虫はそこから皮膚の下をあちこち掘り進み、その通過したあとが、曲がった糸のような盛り上がった赤褐色の発疹として皮膚に現れます。この発疹は強いかゆみを伴います。小さな隆起や水疱がみられる場合もあります。しばしば、隆起や水疱をかくことで皮膚に細菌感染が生じます。

診断

  • 医師による評価

皮膚幼虫移行症の診断は、発疹の外観および部位と、土や砂に最近触れたかどうかに基づいて下されます。

治療

  • チアベンダゾールクリーム

  • アルベンダゾールまたはイベルメクチン

この感染症は数週間から数カ月で自然に治りますが、治療を行うことでかゆみが抑えられ、かくことで生じる場合のある細菌感染のリスクが低下します。液体またはクリームのチアベンダゾールを寄生されている部位に塗ることが有効です。アルベンダゾールかイベルメクチンを内服するのも有効です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP