Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

疥癬

執筆者:

James G. H. Dinulos

, MD, Geisel School of Medicine at Dartmouth

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

疥癬(かいせん)は、小型のダニによる皮膚の感染症の一種で、非常に小さな赤い隆起が生じ、強いかゆみを伴います。

  • 疥癬は通常、身体的な接触によって人から人に伝染します。

  • 疥癬にかかると、一般的に寄生しているダニはわずか数匹であるにもかかわらず、強いかゆみが生じます。

  • 疥癬の診断は、医師がかゆみのある部位を診察するほか、ときに削り取った皮膚を顕微鏡で観察することによって下されます。

  • 疥癬の治療法としては、ペルメトリンまたはリンデンの外用や、イベルメクチンの内服などがあります。

疥癬は、ヒゼンダニ Sarcoptes scabieiという小型のダニによって引き起こされます。感染は世界中でみられます。ヒゼンダニの雌は人間の皮膚の最表層にトンネル状の横穴を開け、その巣穴に卵を産み付けます。ダニの幼虫は数日で卵からかえります。寄生により非常に強いかゆみが生じますが、これはおそらく、このダニに対するアレルギー反応と考えられています。

この感染症は身体的な接触を通じて容易に伝染し、同じ家に住む人全員がかかることもよくあります。人間に寄生するダニは、タオル、寝具類、衣類などの媒介物に潜んでおり、そこから人に感染します。しかし、人間の体から離れたダニは、あまり長生きできません。動物に寄生するダニが人間に感染してかゆみを引き起こすこともありますが、それほど長生きせず、治療は不要な場合もあります。疥癬の原因になるダニは通常、普通の洗濯(お湯を使って洗濯機で洗ってから高温の乾燥機またはアイロンで乾かす)またはドライクリーニングで死滅します。主な危険因子は過密な環境です(学校、避難所、兵舎、一部の家屋など)。不衛生な環境とは関係がありません。

症状

疥癬の特徴は非常に強いかゆみで、多くの場合夜間に悪化します。ヒゼンダニが作るトンネルは、しばしば目に見えるほど長い(最長で約1センチメートル)非常に細い線として観察でき、その一端に小さい隆起(ダニの虫体)がみられる場合もあります。かゆみのあるトンネルをかくことで皮膚の細菌感染症が生じることもよくあります(いわゆる二次感染)。小さい隆起だけが見えることもありますが、かゆみがひどいためその隆起はたいていかき壊されています。

隆起は、乳房や陰茎を含む体のあらゆる部位に生じます。隆起は成人の顔面には生じません。隆起はまず手指の間、手首、肘の内側、わきの下、ベルトラインに沿った部位、または殿部に現れます。ダニが寄生した部分はかかれるために炎症を起こしやすく、トンネルは時とともに炎症に隠れて見えにくくなります。温暖な気候の地域に住む患者では、小さな赤い隆起が生じ、トンネルはほとんどみられません。

黒人や皮膚の色が濃い人では、疥癬により硬く盛り上がった部位が生じることがあります。乳児では、手のひら、足の裏、顔面、頭皮に生じることがありますが、特に耳の後ろに多くみられます。高齢者では、強いかゆみを引き起こすことがありますが、皮膚の症状はごく軽く、このため診断が難しくなります。

以下の人では、重度の感染症(角化型疥癬またはノルウェー疥癬と呼ばれます)が生じることがあります。

  • 免疫機能が低下している人(ヒト免疫不全ウイルス[HIV]感染、血液のがん、コルチコステロイドなどの免疫機能を抑制する薬剤の長期使用により引き起こされる)

  • 重度の身体障害または知的障害のある人

  • オーストラリア先住民

感染が重度の場合、広い範囲の皮膚(特に成人の手のひらと足の裏および小児の頭皮)が厚くなり、かさぶたができますが、かゆみは生じません。

別の種類の疥癬として、コルチコステロイドの外用薬を長期間使用している人に発生する異形疥癬(いけいかいせん)があります。この種の疥癬は、通常の疥癬とは見た目が異なり、またヒゼンダニがいなかったり隠れていたりする場合があるため、ときに診断が困難となります。

診断

  • 医師による評価

  • トンネルの擦過物

通常は、かゆみと隆起やトンネルの外観だけで疥癬と診断することができます。ときにトンネルが見えるように拡大鏡で皮膚を見ることもあります。しかし、診断を確定するために、隆起やトンネルがある部分から少量の皮膚をかき取って顕微鏡で観察し、ダニやその卵(虫卵)、糞の有無を調べることもよくあります。

治療

  • ペルメトリンクリームやリンデンローション

  • ときにイベルメクチン

年長の小児や成人では、ペルメトリンを含有するクリーム剤またはリンデンを含有するローション剤を首から下の全身に塗り、8~14時間後に洗い落とすことで治癒します。この治療法は1週間後に繰り返します。

乳幼児では、ペルメトリンを、眼と口の周囲の皮膚を避けて頭頸部および全身に塗ります。皮膚のひだ、手と足の指の爪、へそを徹底的に治療する必要があります。乳児ではミトンを着用させることで、ペルメトリンが口に入らないようにすることができます。

リンデンは毒性の副作用が出るおそれがあるため、2歳未満の小児、妊婦、授乳中の女性、けいれん性疾患患者に対しては推奨されません。

皮膚に直接塗る薬剤に効果がなかったり、使用することができない人では、イベルメクチンを1週間空けて2回内服するのも効果があり、これは免疫系の機能低下により症状が重くなっている人に特に有効です。

ダニを殺す治療が成功した後も、ダニの死骸が皮膚の中にしばらく残るため、ダニに対するアレルギー反応が持続し、最大3週間ほどかゆみや隆起が残る場合があります。かゆみは、弱いコルチコステロイドクリームや抗ヒスタミン薬の経口薬、またはその両方で治療できます。皮膚の炎症や深いかき傷の部分に細菌感染が生じることがありますが、その場合は抗菌薬を内服します。

家族や、性的接触などの患者と身体的に濃厚な接触がある人は一緒に疥癬の治療を受ける必要があります。衣類、タオル、寝具類は、ダニ感染症が発生する数日前から使っていたものも合わせてお湯で洗って高温の乾燥機で乾かすか、ドライクリーニングにかけるか、密封したビニール袋に少なくとも3日間入れておきます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP