Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

トコジラミの寄生

執筆者:

James G. H. Dinulos

, MD, Geisel School of Medicine at Dartmouth

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

トコジラミ(ナンキンムシとも呼ばれます)は、翅(はね)をもたない小さな昆虫で、通常は咬まれても痛みはありませんが、かゆみを伴う皮膚反応が生じます。

トコジラミは小さな楕円形の昆虫で、人間や他の数種類の動物の血液を吸って生きています。人間に感染するトコジラミで最も一般的なものは、キメクス・レクツラリウス Cimex lectularis(温暖な気候の地域)とキメクス・ヘミプテルス Cimex hemipterus(主に熱帯気候の地域)です。

近年、トコジラミの寄生が先進国で増加してきています。トコジラミはマットレスや、ベッドフレーム、クッション、壁などの他の構造物の亀裂やすき間に隠れています。寝具上や壁紙の裏側にトコジラミの糞や血液が見えることもあります。発展途上地域では、泥壁の家や草ぶき屋根などの建築物に潜んでいます。

トコジラミはゆっくりと動きます。人間の体が出る熱と二酸化炭素につられて、隠れ場所から出てきます。肌の露出しているあらゆる部位を、通常は人間が寝ている間に咬みます。血液を吸う前、トコジラミは平たく、赤褐色をしています。血液を吸った後は、それほど平たくなくなり、赤みが増します。吸血は5~10分で終わり、その後、トコジラミは隠れ場所に戻ります。

症状

ときに咬まれてから数時間後から10日後の間までに、皮膚に咬みあとがみられるようになります。咬みあとの外観には以下のような場合があります。

  • 小さな穴のみ

  • 紫がかった平らな斑点

  • しばしばかゆみを伴い、中心に小さい穴がある赤い斑点、硬く盛り上がった隆起、またはじんま疹(膨疹)

  • 水疱

咬みあとは線状のパターンに見えることもあれば、集団で生じているように見えることもあります。高齢者は、若い人ほど症状が出ません。咬みあとは約1週間で消えます。咬みあとをかくと、感染が生じることがあります。

患者はトコジラミの寄生を根絶することの難しさとそのための出費に対して不安を抱くことがあります。また、人の家に招かれなくなったり、家族や友人から敬遠されたり、トコジラミの感染を拡大させないために自ら引きこもることで、精神的苦痛を経験することもあります。

診断

  • 医師による評価

診断は、咬みあとの外観に基づいて下されますが、その外観は必ずしも一定ではないため、診断が難しい場合もあります。しかし、トコジラミによる咬みあとは多くの場合、他の咬みあと(ノミによるものなど)よりも大きいものです。

診断を確定するために、医師がトコジラミの特定を試みることもあります。

治療

  • 症状を改善する治療(対症療法)

医師は、咬まれることで生じるかゆみなどの症状を抑えるために、コルチコステロイドを含有するクリーム剤、抗ヒスタミン薬の内服薬、またはその両方を処方します。

トコジラミは、物理的手段と通常は化学的手段により根絶する必要があります。物理的な手段としては、生息場所の掃除機がけ、衣類や寝具類の洗濯、その後の最高温に設定した乾燥機での乾燥などがあります。さらに、可能であれば、部屋全体を専門の害虫駆除業者に処理してもらいます。駆除業者は部屋を50℃以上に加熱したり、複数の殺虫剤を使用したりします。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP