Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

脈管の増殖と奇形の概要

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth-Hitchcock Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

脈管の増殖や奇形とは、血管やリンパ管(脈管)が皮膚の内部や皮膚の下で異常に密集した状態で、そのために皮膚が赤色や紫色に変色します。

  • 脈管の増殖や奇形の多くは、出生時または出生後すぐに生じます。

  • 通常、このような増殖や奇形の診断は、その典型的な外観から下されます。

  • 治療法は増殖や奇形の種類によって異なります。

皮膚の良性腫瘍の概要も参照のこと。)

脈管の増殖と奇形には以下のものがあります。

生まれつきか生後すぐに現れるものもあり、あざと呼ばれることがあります。

これらの増殖や奇形は、通常はその外観からほかと区別できるため、生検が必要になることはほとんどありません。

新生児の最大約3分の1に何らかの形の血管やリンパ管の増殖か奇形(脈管性のあざ)がみられますが、多くは自然に消失します。

増殖や奇形の種類によっては、治療が必要になることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP