Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

脂漏性角化症

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth Geisel School of Medicine

医学的にレビューされた 2020年 9月
プロフェッショナル版を見る
やさしくわかる病気事典
本ページのリソース

脂漏性角化症(脂漏性疣贅[ゆうぜい])は、通常は肌色、褐色、黒色の組織がいぼ状に増殖する病気で、皮膚のどこにでも生じます。

脂漏性角化症の原因は不明です。遺伝的に脂漏性角化症を生じやすい人もいます。中年以降の高齢者に非常によくみられ、害はありません。多数の増殖病変が生じる場合もあります。皮膚のどこにでもできますが、体幹やこめかみによくみられます。皮膚の色が濃い人では、非常に多数の病変が頬骨上に生じることがあります(黒色丘疹性皮膚症と呼ばれる病態)。

形は円形か楕円形で、大きさは約5ミリメートル未満のものから5~10センチメートルになるものまで様々です。皮膚にぴったりと貼り付いたように見え、多くの場合、表面はいぼ状でスベスベしているか、かさついています。この病変は徐々に生じます。がん(悪性)ではなく、がん化することもありません。角化症部分が不規則な色素を伴って暗褐色をしている場合、 異型母斑 異型母斑 ほくろは、皮膚にできる小さな増殖物で、通常は濃い色をしており、皮膚の色素を作る細胞(メラノサイト)から生じます。 ほくろはほとんどの人にみられますが、異型母斑のできやすさは遺伝による場合があります。 大きく変化するほくろや異型母斑は生検を行い、黒色腫かどうかを調べる必要があります。 がんではない(良性の)ほくろの大半は治療が不要ですが、不快なほくろや美容上の問題となるほくろはメスと局所麻酔により切除することができます。... さらに読む 異型母斑 黒色腫 黒色腫 黒色腫(メラノーマとも呼ばれます)は、色素を作り出す皮膚細胞(メラノサイト)から発生する皮膚がんです。 黒色腫は、正常な皮膚から発生する場合もあれば、すでにあった ほくろから発生する場合があります。 皮膚に様々な色の斑点を伴う平坦または隆起した褐色の不規則な皮疹、あるいは黒または灰色の硬い隆起が現れます。 黒色腫の診断を下すには、生検を行います。 黒色腫を切除します。 さらに読む 黒色腫 と間違われることもあります。

脂漏性角化症は、ヒリヒリしたり、かゆくなったり、外見上の問題が生じたりする場合を除いて、特に治療の必要はありません。切除する場合は、液体窒素で凍らせる(凍結療法)か、電気針(電気乾固)の使用が適しています。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP