Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

脂漏性角化症

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth-Hitchcock Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

脂漏性角化症(脂漏性疣贅[ゆうぜい])は、通常は肌色、褐色、黒色の組織がいぼ状に増殖する病気で、皮膚のどこにでも生じます。

皮膚の良性腫瘍の概要も参照のこと。)

脂漏性角化症の原因は不明です。遺伝的に脂漏性角化症を生じやすい人もいます。中年以降の高齢者に非常によくみられ、害はありません。多数の増殖病変が生じる場合もあります。皮膚のどこにでもできますが、体幹やこめかみによくみられます。皮膚の色が濃い人では、非常に多数の病変が頬骨上に生じることがあります(黒色丘疹性皮膚症と呼ばれる病態)。

形は円形か楕円形で、大きさは約5ミリメートル未満のものから5~10センチメートルになるものまで様々です。皮膚にぴったりと貼り付いたように見え、多くの場合、表面はいぼ状ですべすべしているか、かさついています。この病変は徐々に生じます。がん(悪性)ではなく、がん化することもありません。角化症部分が不規則な色素を伴って暗褐色をしている場合、異型母斑黒色腫と間違われることもあります。

脂漏性角化症は、ヒリヒリしたり、かゆくなったり、外見上の問題が生じたりする場合を除いて、特に治療の必要はありません。切除する場合は、液体窒素で凍らせる(凍結療法)か、電気針(電気乾固)の使用が適しています。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP