Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

皮膚線維腫

(良性線維性組織球腫)

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth-Hitchcock Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

皮膚線維腫は、赤色から褐色の小さな隆起した腫瘍で、皮下の軟部組織にある線維芽細胞から作り出されるコラーゲンというタンパク質が蓄積することで形成されます。

皮膚の良性腫瘍の概要も参照のこと。)

皮膚線維腫は成人でよくみられ、通常は硬い隆起が単独で、しばしば太ももや脚に現れ、特に女性で多くみられます。通常、大きさは直径約1.3センチメートル未満です。多数の皮膚線維腫ができる人もいます。

このような無害な隆起は特定の遺伝子により生じます。

皮膚線維腫は無害で、通常は症状もほとんどなく、ときに痛みやかゆみを伴う程度です。

病変がわずらわしくなるか、大きくなったとき以外は、皮膚線維腫は治療を行わないのが通常です。必要であれば外科的に切除することができます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP