Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

皮膚の良性腫瘍の概要

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth-Hitchcock Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

皮膚やその下の組織(皮下組織)の細胞が増殖して、腫瘍ができることがあります。腫瘍は隆起したものもあれば、平らなものもあり、暗褐色、黒色、肌色、赤色など、色は様々皮膚に生じる異常、増殖病変、色の変化の記述 : 皮膚の変色です。生まれつきみられる場合もあれば、生まれた後に発生する場合もあります。

腫瘍の成長が抑えられていて、腫瘍細胞が体の他の部分に広がっていかない場合は、その皮膚の増殖物(腫瘍)はがんではなく、良性腫瘍と呼ばれます。腫瘍の成長が抑えられない場合は、その腫瘍は悪性腫瘍(すなわちがん)であり、腫瘍細胞が隣接する正常な組織に入り込んでいったり(浸潤)、体の他の部分に広がったりします(転移)。

皮膚にできる腫瘍の大半は良性(がんではない)です。しかし、その腫瘍が皮膚がんかどうかについては、医師の診察を受けて判定してもらうべきです。皮膚にできた良性腫瘍は、しばしば美容上の問題になります。

原因

皮膚の良性腫瘍の多くは原因が分かっていません。ただし、以下が原因であることが判明している良性腫瘍もあます。

診断

  • 皮膚の診察

  • ときに生検

皮膚の診察で、しばしば皮膚の腫瘍を確認することができます。

一部の腫瘍は切除して顕微鏡を用いて調べます。この方法は生検と呼ばれます。腫瘍に応じて、その他の検査を行うこともあります。

治療

  • 治療法は腫瘍の種類によって異なる

皮膚の腫瘍の中には治療を行わないでも、自然に消失するものがあります。

気になる皮膚の良性腫瘍で、自然に消失しない場合は切除することがあります。腫瘍によっては電気針やメスで切除します。レーザーを使うか液体窒素で凍らせて切除する場合もあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP