Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

くも状血管腫

(星芒状血管腫、くも状母斑、くも状血管拡張)

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth-Hitchcock Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

くも状血管腫は、皮膚に現れる鮮やかな赤色の小さな斑で、拡張した血管を取り囲むように分布する拡張した毛細血管(最も微細な血管)がクモの脚のように見えるため、この名があります。

顔面のくも状血管腫は皮膚の色の薄い人でよくみられ、小児に発生することもあります。この血管腫ができる原因はほとんどの人で不明ですが、肝硬変患者や妊婦、経口避妊薬を使用している女性には、しばしば多くのくも状血管腫がみられます。くも状血管腫は出生時にはみられません。

くも状血管腫の直径は通常、約0.5センチメートル未満です。この血管腫は無害で何の症状も引き起こしませんが、見た目が気になることがあります。妊娠中、または経口避妊薬の使用中にできたくも状血管腫は、通常は出産後または経口避妊薬の使用中止後6~9カ月で自然に消失します。

通常、くも状血管腫の治療は不要ですが、美容上の理由で治療が望ましい場合は、レーザー療法か電気針(電気乾固)で中心の血管を破壊します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP