Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

くも状血管腫

(星芒状血管腫、くも状母斑、くも状血管拡張)

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth Geisel School of Medicine

医学的にレビューされた 2020年 9月
プロフェッショナル版を見る
やさしくわかる病気事典
本ページのリソース

くも状血管腫は、皮膚に現れる鮮やかな赤色の小さな斑で、拡張した血管を取り囲むように分布する拡張した毛細血管(最も微細な血管)がクモの脚のように見えるため、この名があります。

くも状血管腫の直径は通常、約0.5センチメートル未満です。この血管腫は無害で何の症状も引き起こしませんが、見た目が気になることがあります。妊娠中、または経口避妊薬の使用中にできたくも状血管腫は、通常は出産後または経口避妊薬の使用中止後6~9カ月で自然に消失します。

通常、くも状血管腫の治療は不要ですが、美容上の理由で治療が望ましい場合は、 レーザー療法 皮膚の異常に対するレーザー治療 皮膚の異常に対するレーザー治療 か電気針(電気乾固)で中心の血管を破壊します。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP