Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

皮膚への加齢の影響

執筆者:

Elizabeth H. Page

, MD, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2017年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

年齢を重ねるにつれ、表皮と真皮は薄くなっていきます。その下の皮下脂肪層も薄くなることがあります。皮膚の3つの層の体積が減り、全体として機能が低下してくると、医学的・美容的に重要な影響がいくつか出てきます。皮膚の弾力性が低下します。バリア機能が損なわれ、皮脂などの不可欠な脂分の分泌が減ることで、皮膚が乾燥してきます。皮膚の中にある神経終末(神経の末端部)の数が減り、それにより皮膚の感覚が鈍くなります。汗腺や血管の数も同様に少なくなり、暑さに対する皮膚の反応力が低下します。メラノサイトの数も年齢とともに減る傾向があるため、紫外線から体を守る力も低下します。加齢に伴うこうした変化により、皮膚は年とともに損傷しやすくなり、また損傷から回復しにくくなっていきます。

一般に加齢が原因と思われている皮膚の変化の大半は、実は日光による損傷が原因です( 日光と皮膚障害の概要)。日光に含まれる紫外線に長期間さらされると、皮膚の細かなしわやくっきりした深いしわ、不規則な形の色素沈着、茶色や赤みがかった色のしみ、露出部の皮膚がざらついてきめが粗くなるなどの変化が起こります。

知っていますか?

  • 一般に加齢が原因と思われている皮膚の変化の大半は、実は日光による損傷が原因です。

皮膚の構造と機能も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP