Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

皮膚がんの概要

執筆者:

Gregory L. Wells

, MD, Ada West Dermatology, St. Luke’s Boise Medical Center, and St. Alphonsus Regional Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

皮膚がんは最も多くみられるがんです。屋外で働く人、屋外でスポーツをする人、および日光浴の愛好者で特に多くみられます。皮膚の色の薄い人(色白の人)は、作られるメラニンの量が少ないため、ほとんどのタイプの皮膚がんが特に発生しやすい傾向があります。皮膚の一番外側の層(表皮)で保護機能を果たしているメラニンという色素には、紫外線から皮膚を保護する役割があります。しかし、皮膚の色が濃い人や、大量の日光を浴びたわけではない人にも、皮膚がんは発生します。また、放射線療法や発がん物質への曝露(例えば、ヒ素の摂取)から何年も経って発生することもあります。

米国では、毎年330万人を超える人で540万例以上の皮膚がんが新たに診断されています。

皮膚がんの3つの主要なタイプは以下のものです。

これら3つのタイプの発生には、少なくとも部分的には長期間の日光曝露(日光を浴びること)が寄与しています。

あまり多くないタイプの皮膚がんには以下のものがあります。

ボーエン病は有棘細胞がんの一種で、一部のケラトアカントーマも有棘細胞がんの一種である可能性があります。白血球のがんであるリンパ腫が皮膚に発生することもあります。

多くの皮膚がんは根治が可能で、特に早期のうちに治療すれば、その可能性は高くなります。最初、皮膚がんは症状を引き起こしません。このため、皮膚に普段みられないできものが現れ、大きくなるか数週間経っても消えない場合は、医師の診察を受ける必要があります。

皮膚がんのスクリーニング

皮膚に普段みられない徴候や変化があることに気づいた場合は、主治医に知らせるべきです。医師が通常の皮膚の診察を行うか、対象者が自ら皮膚の検査を行うか、これらの両方を行います。

がんの予防

皮膚がんの多くには紫外線への曝露が関係していると考えられるため、医師は幼児期から紫外線を浴びる量を減らすためいくつかの対策を推奨しています。

  • 日光を避ける:例えば、屋外では日陰に入る、午前10時から午後4時まで(日光が最も強くなる時間帯)の屋外活動を減らす、日光浴や日焼けマシーンの利用を控える

  • 保護効果の高い衣類を着用する:例えば長袖のシャツ、ズボン、つばの広い帽子

  • 日焼け止めを使用する:紫外線防御指数(SPF)30以上で紫外線A波とB波に対する防御効果のあるものを指示通りに使用し、2時間毎に、また泳いだ後と汗をかいた後にも塗り直す(ただし、日光を浴びる時間を増やすことを目的に日焼け止めを使用してはならない)

知っていますか?

  • 皮膚がんの大半は、少なくとも一部は、長時間日光を浴びることが原因です。

しかし、このような対策をとることで黒色腫の発生リスクや死亡リスクを減らせるかどうかについては不明です。しかし、日光からの防護を行えば確実に基底細胞がん有棘細胞がんの発生リスクが低下し、また日焼けマシーンの使用、特に若年者による使用は黒色腫のリスクを確実に高めるとみられます。

皮膚がんの治療

皮膚がんの大半は手術で切除することで治療します。通常、手術後に残る瘢痕は元のがんの大きさによって異なり、早期に発見された場合は小さくなります。

がんが大きいか、浸潤性が強い場合は広い面積の皮膚を切除しなくてはならず、その場合は皮膚移植または皮膚弁で覆うことが必要になる場合もあります。

皮膚移植では、皮膚片を患者の体の別の部位、一般的には皮膚が余っている部位から切除し、その皮膚片を、がんを切除した部位に縫い合わせます。

皮膚弁では、隣接する部分の皮膚を移動させて、がんを切除した部分を覆います。移植片とは異なり、皮膚弁では移動させる皮膚が完全に切り離されることがないため、本来の血流が維持されています。また皮膚弁は通常は移植片より厚くなります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP