Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

有棘細胞がん

執筆者:

Gregory L. Wells

, MD, Ada West Dermatology, St. Luke’s Boise Medical Center, and St. Alphonsus Regional Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

有棘細胞がんとは、皮膚の扁平上皮細胞に由来するがんのことです。

  • 皮膚にかさつく厚い増殖性病変が出現し、それが治りません。

  • このがんの診断を下すには、生検を行います。

  • 転移していない場合は、手術、皮膚への化学療法薬の塗布、ときには放射線療法を行うことで通常は治癒します。

  • 他の部位に転移している場合は、死に至ることもあります。

皮膚がんの概要も参照のこと。)

扁平上皮細胞(角化細胞)とは、表皮(皮膚の最外層)を構成している主要な細胞です。有棘細胞がんはこの細胞のがんです。米国では、毎年100万人以上が有棘細胞がんの診断を受け、2500人がこの病気で死亡しています。

有棘細胞がんは、基底細胞がんに次いで2番目に多い皮膚がんで、通常は日光のあたる部分にできますが、ほとんど日光にあたらない部分の皮膚や口の中にも発生します。しかし、皮膚への日光の曝露量が多い人ほど、皮膚の有棘細胞がんの発生リスクが高くなります。皮膚の色が薄い人は、皮膚の色が濃い人より有棘細胞がんにはるかになりやすい傾向があります。

このがんは正常な皮膚にも発生しますが、損傷した皮膚により多く発生します。そのような損傷としては、以下のものがあります。

  • 過去に日光を浴びたことでできた皮膚の前がん病変(日光角化症

  • 慢性的なびらん—慢性皮膚潰瘍など

  • 瘢痕化した皮膚、特に熱傷によるもの

口の中にできる皮膚の前がん病変は、白色または赤色の斑点として現れます(白板症または紅板症)。

ボーエン病は有棘細胞がんの一種で、一部のケラトアカントーマも有棘細胞がんの一種である可能性があります。

症状

有棘細胞がんは、鱗屑(うろこ状のくず)を伴った厚い不規則な外観を特徴としますが、様々な外観を呈する可能性があるため、日光が当たる面に治癒しない潰瘍があれば、医師はこの病気を疑う可能性があります。最初はその部分の皮膚が赤くなり、表面に鱗屑(うろこ状のくず)とかさぶたが生じ、それが治りません。腫瘍が成長するにつれ少し盛り上がって硬くなり、表面がいぼのようになることもあります。やがて、がんの部分は開口部のある潰瘍となり、増殖して下の組織にも広がっていきます。

扁平上皮がん

診断

  • 生検

有棘細胞がんが疑われる場合は、このがんを外観が似ている病気と区別して診断を確定するために、生検を行います。生検では、皮膚から少量の組織を採取し、顕微鏡で調べます。

予後(経過の見通し)

一般的には、早期の段階で十分に切除された小さな腫瘍では、予後は極めて良好です。通常は治療が有効であり、ほとんどの患者が生存します。有棘細胞がんの大半は、隣接する周囲の組織にしか広がりません。しかし、なかには体内の離れた部位に、あるいは近くの皮膚やリンパ節、やがては近くにある臓器に転移し、死に至ることもあります。直径が2センチメートルを超えているか、2ミリメートルを超える深さまで成長している腫瘍、耳や唇の近くにできた腫瘍、瘢痕にできた腫瘍、ならびに神経の周囲にできた腫瘍は、転移しやすい傾向があります。しかし、舌や口腔の粘膜に発生するがんの約3分の1は、診断が下される前に転移を起こしています(口とのどのがんを参照)。

転移が起きる前にがんの治療を行えば、通常は治癒が得られます。しかし、がんが転移している場合、5年後まで生存している可能性は、治療を行った場合でさえ、34%しかありません。

予防

有棘細胞がんは日光にさらされることで引き起こされるため、小児期の早いうちから以下の対策を講じることが、このがんの予防に役立ちます。

  • 日光を避ける:例えば、屋外では日陰に入る、午前10時から午後4時まで(日光が最も強くなる時間帯)の屋外活動を減らす、日光浴や日焼けマシーンの利用を控える

  • 保護効果の高い衣類を着用する:例えば長袖のシャツ、ズボン、つばの広い帽子

  • 日焼け止めを使用する:紫外線防御指数(SPF)30以上で紫外線A波とB波に対する防御効果のあるものを指示通りに使用し、2時間毎に、また泳いだ後と汗をかいた後にも塗り直す(ただし、日光を浴びる時間を増やすことを目的に日焼け止めを使用してはならない)

治療

  • 腫瘍の切除(様々な方法による)

有棘細胞がんの治療は、がんの部分を削り取って電気針で焼き切ったり(掻爬および電気乾固)、手術により切除したり(外科的切除)、極低温によりがんを破壊したり(凍結手術)、皮膚に化学療法薬を塗ったりすることで行います。有棘細胞がんの治療に、皮膚に化学物質を塗ってレーザーをあてる光線力学療法(レーザーによる皮膚の症状の治療を参照)、またはときに放射線療法を用いることもあります。

有棘細胞がんのうち、再発したものと大きなものには、モース顕微鏡手術と呼ばれる治療法が必要になります。手術の後に放射線療法を行うこともあります。

通常はこれらの治療が有効であり、ほとんどの患者が生存します。

有棘細胞がんの転移が1カ所または数カ所のみの場合は、放射線療法による治療を行います。がんが広範囲に広がっている場合は、放射線療法は行えず、化学療法薬も無効に終わるのが通常です。

基底細胞がんより転移のリスクが高いため、治療とフォローアップの状況を注意深くモニタリングしていく必要があります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP