Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

メルケル細胞がん

(皮膚神経内分泌がん、原発性皮膚小細胞がん、皮膚のAPUDoma、未分化皮膚がん)

執筆者:

Gregory L. Wells

, MD, Ada West Dermatology and Dermatopathology

医学的にレビューされた 2019年 5月
プロフェッショナル版を見る

メルケル細胞は、 表皮 表皮 皮膚は人体で最大の臓器であり、以下のような数多くの重要な機能を担っています。 外傷から体を守る 体温を調節する 水分と電解質のバランスを維持する 痛みや快感の刺激を感じとる さらに読む 表皮 (皮膚の外層)にある正常な細胞です。この細胞は、主に触覚の受容体として機能し、特定のホルモンを作ります。メルケル細胞がんは、正常なメルケル細胞と一部の特徴が共通する皮膚の細胞が無秩序に増殖することによって発生します。

診断時の平均年齢は75歳です。このがんは免疫機能が低下した若年者にも発生します。日光への曝露はリスクを高め、別のがんがあることもリスクを高めます。メルケル細胞ポリオーマウイルスが一因となっている可能性があります。このがんはリンパ節によく転移します。

症状

このがんは、典型的には、肌色または青みがかった赤色をした、つやのある硬い隆起として現れます。急速に成長する傾向がありますが、痛みや圧痛は生じません。メルケル細胞がんは皮膚のあらゆる部分に発生しますが、皮膚の長期的に日光にさらされてきた部分で最もよくみられます(顔面や腕など)。

診断

予防

治療

  • 腫瘍の外科的切除

  • 通常は放射線療法とリンパ節の切除

  • ときに化学療法

さらなる情報

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP