Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ボーエン病

(表皮内有棘細胞がん)

執筆者:

Gregory L. Wells

, MD, Ada West Dermatology, St. Luke’s Boise Medical Center, and St. Alphonsus Regional Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

ボーエン病は、早期の有棘細胞がんであり、腫瘍が皮膚の外層(表皮)にとどまっていて、皮膚のより深い層には広がっていない場合です。

皮膚がんの概要も参照のこと。)

多くの場合、日光のあたる部分の皮膚にできますが、どこにでも発生する可能性があります。

多くのがんが発生する場合もあれば、少数しか発生しない場合もあります。患部の皮膚は赤褐色で、表面に鱗屑(うろこ状のくず)とかさぶたができ、平坦で、乾癬皮膚炎、一部の真菌感染症(白癬またはたむしと呼ばれます)による皮疹のように見えることもあります。

診断を確定するには生検を行うのが標準の手順になっています。この検査では、皮膚から少量の腫瘍組織を採取し、顕微鏡で調べます。

がんの切除は、診療所でがんの部分を削り取って電気針で焼き切る(掻爬[そうは]および電気乾固と呼ばれる方法)か、手術による切除で行います。がんを極度の低温や外用薬(フルオロウラシル)で破壊することもあります(凍結手術)。

有棘細胞がんには紫外線への曝露が関係していると考えられるため、医師は幼児期から紫外線を浴びる量を減らすためいくつかの対策を推奨しています。

  • 日光を避ける:例えば、屋外では日陰に入る、午前10時から午後4時まで(日光が最も強くなる時間帯)の屋外活動を減らす、日光浴や日焼けマシーンの利用を控える

  • 保護効果の高い衣類を着用する:例えば長袖のシャツ、ズボン、つばの広い帽子

  • 日焼け止めを使用する:紫外線防御指数(SPF)30以上で紫外線A波とB波に対する防御効果のあるものを指示通りに使用し、2時間毎に、また泳いだ後と汗をかいた後にも塗り直す(ただし、日光を浴びる時間を増やすことを目的に日焼け止めを使用してはならない)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP