Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

ケラトアカントーマ

執筆者:

Gregory L. Wells

, MD, Ada West Dermatology and Dermatopathology

最終査読/改訂年月 2018年 2月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

ケラトアカントーマは、日光のあたる部分(顔面、前腕部、および手の甲)にできやすく、急激に大きくなります。典型的には1~2カ月で約2.5センチメートルまで大きくなりますが、ときにその2倍以上まで増大することもあります。数カ月以内に自然に消えることもありますが、しばしば皮膚に瘢痕が残ります。

診断

予防

ケラトアカントーマは日光にさらされることで引き起こされるため、以下の対策を講じることが、このがんの予防に役立ちます。

治療

  • 手術またはメトトレキサートもしくはフルオロウラシルの注射

ケラトアカントーマが自然に消失する保証はなく、消失したとしても、しばしば瘢痕が残ります。このため、ケラトアカントーマは通常は病院で切除、または削り取る(掻爬[そうは])か、メトトレキサートもしくはフルオロウラシルの注射を行います。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP