Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

陥入爪

執筆者:

Chris G. Adigun

, MD, Dermatology & Laser Center of Chapel Hill

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

陥入爪(かんにゅうそう)とは、爪の縁が周囲の皮膚に食い込んだ状態をいいます。

爪の病気の概要も参照のこと。)

変形した足の指の爪が皮膚に食い込んだり、爪の周囲の皮膚が異常に速く成長して爪の一部を巻きこんだりすると、陥入爪になります。足に合わない窮屈な靴を履くことや、爪を水平に切らずに角を丸くカーブして切ることで、陥入爪が発症したり、悪化したりします。

陥入爪は最初は無症状ですが、次第に痛むようになり、特に陥入した部分が圧迫されると痛みは激しくなります。通常、患部は赤くなり、熱を帯びることもあります。治療しないでいると、患部に感染が起きやすくなります。感染が起きると、患部の痛み、赤み、腫れがひどくなります。爪の横の皮膚の下に膿がたまり(爪囲炎と呼ばれる爪上皮の感染症)、流れ出てくる こともあります。

足の指の陥入爪が軽症であれば、周囲の皮膚の下から爪の端をそっと持ち上げ、腫れが引くまで爪の下に滅菌した綿を詰めます。爪と爪郭(爪と皮膚が隣り合う爪甲の両脇にある堅い皮膚のひだ)の間に、綿の代わりに柔軟なチューブを挿入することもあります。さらなる治療が必要な場合は、通常は局所麻酔薬(リドカインなど)で患部の感覚をなくしてから、陥入した部分の爪を切って取り除きます。これで炎症は治まり、通常は再発しません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP