Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

緑色爪症候群

執筆者:

Chris G. Adigun

, MD, Dermatology & Laser Center of Chapel Hill

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

緑色爪症候群は、シュードモナス Pseudomonas という細菌による感染症です。

爪の病気の概要も参照のこと。)

緑色爪症候群は、シュードモナス属 Pseudomonasの細菌が感染することによって発生します。爪甲剥離症(爪甲が爪床から部分的に剥がれたり、剥がれ落ちてしまった状態)のある人や、手を水に漬けることの多い人によく起こります。爪甲剥離症の部位の爪が緑色になります。1%酢酸溶液(薄めた酢)やアルコール溶液に患部を1日2回浸すことで治療することができます。患部の爪を切り、爪甲剥離症の基礎的な原因を治療することが助けになる場合もあり、これにより感染の再発を予防できます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP