Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

手足の爪の損傷

執筆者:

Chris G. Adigun

, MD, Dermatology & Laser Center of Chapel Hill

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

軽い指のけがでも、それにより爪に変化が起きることがあります。損傷した部分の爪に白く変色した小さな斑点が出現し、爪とともに外側に移動します。

爪床(爪甲の下にあって爪を指に接着している軟部組織)に重度の損傷、特に挫滅損傷が生じると、爪が変形したまま元に戻らない場合がよくあります。このリスクを減らすには、損傷を直ちに修復する必要があり、それには爪の除去が必要になります。

爪の病気の概要も参照のこと。)

爪下血腫

損傷(かなづちなどで直接たたくケースがよくみられる)のすぐ後に、爪の下に血液がたまることがよくあります(爪下血腫)。血液は、爪の一部分または全体の下に暗紫色の斑点として現れ、非常に激しいズキズキする痛みを引き起こします。爪甲(爪の硬い部分)に小さな穴を開けて血液を排出することによって痛みを緩和します。通常、針または加熱したワイヤー(電気焼灼器)を用いて穴を開けます。この方法は痛みがなく、数秒しかかかりません。

血液によって爪が爪床から離れているため、血腫が小さくない限り、通常は数週間で爪が剥がれ落ちます。元の爪の下に新しく爪が生え、伸びきれば古い爪に置き換わります。

爪の下の腫瘍によっても、似たような暗紫色の斑点が生じることがあります。しかし、損傷による斑点が数分以内に生じるのに対し、腫瘍による斑点は徐々に現れ、時間が経っても爪とともに外側に移動することはありません(腫瘍は爪の下の同じ部位にとどまります)。しかし、小さな血腫については、必ず爪とともに外に移動するか注意して観察する必要があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP