Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

慢性爪囲炎

執筆者:

Chris G. Adigun

, MD, Dermatology & Laser Center of Chapel Hill

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

慢性爪囲炎とは、爪郭に再発性または持続性の炎症が生じる病気で、典型的には手指の爪に発生します。

爪の病気の概要も参照のこと。)

慢性爪囲炎はたいてい、皿洗い、バーテンダー、家政婦などの常に手を濡らす人に起こり、手の湿疹や糖尿病があったり、免疫機能が低下している場合は特によくみられます。カンジダ Candida という種類の真菌がしばしばみられますが、この真菌を完全に排除しても必ずしも治癒しないことから、この真菌が慢性爪囲炎の原因としてどのような役割を果たしているかは不明です。慢性爪囲炎は、カンジダ Candidaの定着に加えて刺激性の皮膚の炎症(皮膚炎)がある場合に起こると考えられます。

急性爪囲炎の場合と同じく、爪郭(爪と皮膚が隣り合う爪甲の両脇にある堅い皮膚のひだ)が赤くなって痛みますが、通常膿はたまりません。しばしば爪上皮(爪の付け根の皮膚)が失われ、爪郭が爪甲(爪の硬い部分)から剥がれます。そのようにして生じた隙間には刺激物質や微生物が入り込みやすくなります。爪がゆがむこともあります。

診断は医師が患部の指を診察することによって下されます。

手を乾燥した状態に保ち、保護することが、爪上皮を再生させ、爪郭と爪甲の間の隙間を閉じる助けになります。水に触れる必要がある場合は、手袋や保護用クリームを使用します。コルチコステロイドのクリームを爪に塗ることも有用です。タクロリムスが投与される場合もあります。抗真菌薬による治療は常に有用であったり、必要であったりするわけではありません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP