Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

慢性爪囲炎

執筆者:

Chris G. Adigun

, MD, Dermatology & Laser Center of Chapel Hill

最終査読/改訂年月 2019年 12月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

慢性爪囲炎とは、爪郭に再発性または持続性の炎症が生じる病気で、典型的には手指の爪に発生します。

慢性爪囲炎はたいてい、皿洗い、バーテンダー、家政婦などの常に手を濡らす人に起こり、手の湿疹や糖尿病があったり、免疫機能が低下している場合は特によくみられます。カンジダ Candidaという種類の真菌がしばしばみられますが、この真菌を完全に排除しても必ずしも治癒しないことから、この真菌が慢性爪囲炎の原因としてどのような役割を果たしているかは不明です。慢性爪囲炎は、カンジダ Candidaの定着に加えて、刺激性の皮膚の炎症(皮膚炎 皮膚炎の概要 皮膚炎(ときに湿疹とも呼ばれます)は、皮膚の上層の炎症であり、かゆみ、水疱、発赤、腫れを生じ、多くの場合、じくじくしてかさぶたになり、鱗屑(うろこ状のくず)が生じます。 原因として分かっているものには、皮膚の乾燥、特定の物質への接触、特定の薬、静脈瘤、絶え間なくかくことなどがあります。 典型的な症状には、かゆみを伴う赤い発疹、水疱、ただれ、じくじく、かさぶた、鱗屑などがあります。... さらに読む 皮膚炎の概要 )がある場合に起こると考えられます。

急性爪囲炎 急性爪囲炎 急性爪囲炎は、爪上皮の細菌感染症です。 急性爪囲炎では、細菌(通常は黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureusまたはレンサ球菌)が、さかむけ、爪郭(爪と皮膚が隣り合う爪甲の両脇にある堅い皮膚のひだ)の外傷、爪上皮(爪の付け根の皮膚)の消失、または慢性的な刺激(水や洗浄剤によるものなど)により生じた皮膚の裂け目から侵入します。手指の急性爪囲炎は、指をかんだり、しゃぶったりする人によくみられます。足の指では、... さらに読む 急性爪囲炎 の場合と同じく、爪郭(爪と皮膚が隣り合う爪甲の両脇にある堅い皮膚のひだ)が赤くなって痛みと圧痛がありますが、通常膿はたまりません。しばしば爪上皮(爪の付け根の皮膚)が失われ、爪郭が爪甲(爪の硬い部分)から剥がれます。そのようにして生じた隙間には刺激物質や微生物が入り込みやすくなります。爪がゆがむこともあります。

慢性爪囲炎の診断は、医師が患部の指を診察することによって下されます。

治療

  • 過剰に水に触れることを避ける

  • コルチコステロイドまたはタクロリムス

  • ときに爪郭へのコルチコステロイドの注射

  • ときに抗真菌薬

  • ときに手術

手を乾燥した状態に保ち、保護することが、爪上皮を再生させ、爪郭と爪甲の間の隙間を閉じる助けになります。水に触れる必要がある場合は、手袋や保護用クリームを使用します。

コルチコステロイドのクリームを爪に塗ることも有用です。コルチコステロイドを爪郭に注射することもあります。タクロリムスクリームが投与される場合もあります。

抗真菌薬(フルコナゾールの内服薬など)は、カンジダ Candida属が定着するリスクがある場合にのみ投与します。

病態が重度の人や、他の方法では治療が困難な人には、爪郭の手術が必要になることがあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP