Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

急性爪囲炎

執筆者:

Chris G. Adigun

, MD, Dermatology & Laser Center of Chapel Hill

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

急性爪囲炎は、爪上皮の細菌感染症です。

爪の病気の概要も参照のこと。)

急性爪囲炎では、細菌(通常は黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus またはレンサ球菌)が、さかむけ、爪郭(爪と皮膚が隣り合う爪甲の両脇にある堅い皮膚のひだ)の外傷、爪上皮(爪の付け根の皮膚)の消失、または慢性的な刺激(水や洗浄剤によるものなど)により生じた皮膚の裂け目から侵入します。手指の急性爪囲炎は、指をかんだり、しゃぶったりする人によくみられます。足の指では、陥入爪から感染が始まることがよくあります。一部のがんの治療や免疫系の抑制(臓器移植の後など)に用いられる一部の新しい薬剤も、ときに急性爪囲炎を引き起こすようです。このような薬剤には、ゲフィチニブ、エルロチニブ、シロリムス、エベロリムス、ベムラフェニブ、ダブラフェニブ、および関連薬があります。

急性爪囲炎は爪の縁(爪郭の両脇と付け根)に沿って生じます。数時間から数日で痛みが生じて熱をもち、赤く腫れてきます。多くの場合、爪の縁に沿った皮膚の下、ときには爪の下に膿がたまります。まれに、手足の指の深くにまで感染が広がり、その指を失ってしまうことがあり、極端なケースでは腕や脚を失ってしまう場合もあります。このような深い部位の感染症は、主に糖尿病などの血液循環を悪化させる病気の患者に生じます。

診断は医師が手または足の指を診察することによって下されます。ごく早期であれば、ジクロキサシリン、セファレキシン、クリンダマイシンなどの抗菌薬を内服し、患部を頻繁に温水に浸して血行をよくすることで治療が可能です。膿がたまった場合は、膿を排出させる処置(排膿)が必要になります。局所麻酔薬(リドカインなど)で指の感覚をなくしてから、器具で爪郭を持ち上げます。皮膚の切開は通常は必要ありません。排膿できるよう、薄いガーゼ片を24~48時間挿入することもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP