Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

尋常性疣贅

執筆者:

Chris G. Adigun

, MD, Dermatology & Laser Center of Chapel Hill

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)とは、よくみられるいぼのことです。

爪の病気の概要も参照のこと。)

尋常性疣贅はヒトパピローマウイルスの感染によって起きる病気で、感染は爪上皮(爪の付け根の皮膚)に起きることが多いですが、ときに爪の下の部分に起きることもあります( 疣贅(いぼ))。爪をかむこと(爪咬症)で、この感染症が広がることがあります。このような部位のいぼは特に治療が困難です。液体窒素による凍結療法が有効となる場合があります。

慢性化した感染の治療には、しばしば処方薬が必要になります。具体的にはフルオロウラシルやイミキモドなどがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP