Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

尋常性疣贅

執筆者:

Chris G. Adigun

, MD, Dermatology & Laser Center of Chapel Hill

最終査読/改訂年月 2017年 8月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)とは、よくみられるいぼのことです。

尋常性疣贅はヒトパピローマウイルスの感染によって起きる病気で、感染は爪上皮(爪の付け根の皮膚)に起きることが多いですが、ときに爪の下の部分に起きることもあります( 疣贅(いぼ) 疣贅(いぼ) 疣贅(ゆうぜい)は、ヒトパピローマウイルスの感染によって引き起こされる皮膚の小さな増殖性病変で、一般にいぼと呼ばれるものです。 疣贅(いぼ)は、ヒトパピローマウイルスによって引き起こされます。 隆起した病変または平坦な病変として、あらゆる部位の皮膚に出現します。 ほとんどのいぼは痛みを伴いません。 いぼは視診で特定することができ、生検を行うことはほとんどありません。 さらに読む 疣贅(いぼ) )。爪をかむこと(爪咬症)で、この感染症が広がることがあります。このような部位のいぼは特に治療が困難です。液体窒素による凍結療法が有効となる場合があります。

慢性化した感染の治療には、しばしば処方薬が必要になります。具体的にはフルオロウラシルやイミキモドなどがあります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP