Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

発汗の減少

(乏汗症)

執筆者:

Shinjita Das

, MD, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2017年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

汗の量が非常に少ない人がいます(乏汗症と呼ばれる病態)。

汗の病気に関する序も参照のこと。)

通常、発汗が減少するのは体の特定の部位に限られます。原因としては、皮膚の損傷(外傷、放射線照射、感染症[ハンセン病など]、炎症など)や結合組織疾患(全身性強皮症全身性エリテマトーデスシェーグレン症候群など)による汗腺の萎縮があります。

発汗の減少は薬剤によって生じる場合もあり、特に抗コリン作用のある薬剤でよくみられます( 抗コリン作用:どんな作用か?)。糖尿病による神経の損傷(糖尿病性神経障害)、また様々な先天性の症候群でも生じます。非常に重度の熱中症では、発汗が止まることがあります。

診断は医師が患者を観察することによって下されます。患者が暑さに耐えられなかったり、体の広い部分で発汗が減少していたりする場合は、高体温になる場合があるため、体を冷やす方策(冷房をつけたり衣類を濡らしたりするなど)が最善の治療法です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP