Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

汗の病気に関する序

執筆者:

Shinjita Das

, MD, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2017年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

汗は皮膚の中にある汗腺で作られ、導管を通って皮膚の表面に排出されます。

汗は体温を低く保つのに役立っています。暑いときほど汗をかくのはこのためです。また、神経がたかぶったときや、ストレスにさらされたとき、病気で熱が出たときにも、人は汗をかきます。

汗の主成分は水ですが、塩分(ほとんどは塩化ナトリウム)とその他の化学物質も含まれています。汗を大量にかいたときは、失われた塩類と水分を補給する必要があります。

汗の病気としては以下のものがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP