Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

体臭

(臭汗症)

執筆者:

Shinjita Das

, MD, Harvard Medical School

医学的にレビューされた 2020年 6月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

体臭は、皮膚に普段から生息している細菌や真菌によって汗が分解されると、過剰に強くなったり、異常な臭い(臭汗症)になったりします。

汗はアポクリン腺とエクリン腺から分泌されます。アポクリン腺からは、毛包内に汗が分泌されます。アポクリン腺はわきの下、陰部、肛門周囲、乳首の周囲にあります。エクリン腺からは、汗が直接皮膚の表面に分泌されます。エクリン腺は皮膚のほぼいたるところに存在します。これらの腺から分泌される汗は、皮膚に普段から生息している細菌や真菌によって分解されていない状態では悪臭を生じませんが、分解されると悪臭が生じます。

皮膚組織をみる

皮膚には3つの層があります。皮膚の下には神経、神経終末、腺、毛包、血管があります。汗は真皮内にある腺で作られ、導管を通って皮膚の表面に排出されます。

皮膚ひふ組織そしきをみる

臭汗症は皮膚や衣服の不衛生によって生じます。また、特定の食物(カレー、ニンニク、タマネギ、アルコールなど)を摂取したり、特定の薬(ペニシリンなど)を服用した後にも起こります。大量発汗のある人では、臭汗症が生じやすくなります。

通常は、石けんと水で大量発汗のある部分を1日2回洗うと、匂いの原因になる細菌や真菌を取り除けます。一部の患者では、抗菌石けんによる洗浄を数日間行いますが、それと並行してクリンダマイシンやエリスロマイシンを含む抗菌クリームを塗ることが必要になる場合もあります。わきの下の匂いを抑えるには、わきの毛を剃ることも有用です。衣類も頻繁に洗濯するようにします。臭いを隠すために、デオドラント剤や(汗の排泄を減らす)制汗剤を試す人もいます。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP