Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

乾癬および鱗屑性疾患に関する序

執筆者:

Shinjita Das

, MD, Harvard Medical School

医学的にレビューされた 2020年 4月
プロフェッショナル版を見る

乾癬 乾癬 乾癬(かんせん)は、1つまたは複数の盛り上がった赤い斑が生じる、再発を繰り返す慢性の病気で、それらの斑は銀白色の鱗屑(うろこ状のくず)を伴い、正常な皮膚との境界ははっきりしています。 免疫系の問題が関わっている可能性があり、遺伝的に乾癬を生じやすい人もいます。 特徴的な鱗屑または赤い斑が全身のあらゆる部分に様々な大きさで生じますが、特に肘... さらに読む 乾癬 (かんせん)、 類乾癬 類乾癬 類乾癬とは、皮膚に生じた赤いまたは鱗屑を伴う小さな斑を特徴とする一群の皮膚の病気を指します。 類乾癬は 乾癬と似た病気です。いずれの病気でも皮膚に鱗屑を伴う隆起した斑(局面)が生じます。この2つの病気の違いは、類乾癬では局面が乾癬の最も一般的なものより薄い点にあります。 類乾癬には以下の2種類があります。... さらに読む 類乾癬 (るいかんせん)、 ばら色粃糠疹 ばら色粃糠疹 ばら色粃糠疹(ひこうしん)は、皮膚にばら色ないし淡い黄褐色の小さな斑が鱗屑(りんせつ)を伴って多数生じる病気です。 ばら色粃糠疹は、ウイルス感染が原因である可能性があります。 最もよくみられる症状は、かゆみのほか、最初に現れる淡い黄褐色ないしばら色をした1つの大きな円形の斑状の発疹と、それに続いて体幹(胴体)に現れる複数の斑状の発疹です。... さらに読む ばら色粃糠疹 (ひこうしん)、 毛孔性紅色粃糠疹 毛孔性紅色粃糠疹 毛孔性紅色粃糠疹(ひこうしん)は、手のひらや足の裏などの皮膚が厚くなって黄色化し、赤く盛り上がった病変が現れるまれな慢性皮膚疾患です。隆起が互いに融合して、鱗屑(りんせつ)を伴った赤橙色の斑(局面)となり、その間に正常な皮膚の領域が残ることがあります。 毛孔性紅色粃糠疹の原因は分かっていません。... さらに読む 毛孔性紅色粃糠疹 扁平苔癬 扁平苔癬 扁平苔癬(へんぺいたいせん)は、赤色または紫色の小さな隆起した発疹が現れる、かゆみを伴う再発性の病気で、最初に現れる発疹は1つずつ離れていますが、次第に複数が融合していき、ザラザラした鱗屑(うろこ状のくず)を伴う斑になります。 特定の薬剤や感染性微生物に対する反応が原因である可能性があります。... さらに読む 扁平苔癬 (たいせん)、 硬化性苔癬 硬化性苔癬 硬化性苔癬(こうかせいたいせん)は、かゆみを引き起こす傾向のある病気で、肛門や性器周辺の部分に瘢痕を生じることがあります。 原因は解明されていませんが、免疫系による自分の体の一部の組織への攻撃( 自己免疫疾患と呼ばれます)が関わっていると考えられています。この病気は一般的に肛門や性器の周辺部位に生じますが、まれに体の他の部位にもみられます... さらに読む 硬化性苔癬 は、それぞれ異なる皮膚の病気ですが、これらによって生じる皮膚の隆起(丘疹)、発疹、鱗屑(りんせつ)、変色の特徴が似ていることから、ひとまとめに扱われてきました。つまり、発疹や隆起の境界がはっきりしており、通常は鱗屑にかさぶた(痂皮)、ひび割れ、湿潤がみられないということです。

医師は、皮膚の隆起、発疹、鱗屑、変色を調べ、どの部位の皮膚に生じているかを確認することで、これらの病気を区別します。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP