Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

酒さ

(酒さ[しゅさ]性ざ瘡)

執筆者:

Jonette E. Keri

, MD, PhD, University of Miami, Miller School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

酒さは、持続性の皮膚の病気で、通常は顔面の中央部に発赤と小さな吹き出物が現れ、皮膚の下の血管がはっきりと見えるようになります。

  • 原因は不明です。

  • 典型的な症状として、頬と鼻に生じる発赤、細い血管が見える、ときに小さな吹き出物などがあります。

  • 診断は、発疹の典型的な外観と最初に症状が現れたときの年齢に基づいて下されます。

  • 特定の食品、アルコール、熱い飲みもの、日光、極端な気温、風、化粧品を避けることで、酒さの悪化を予防できる場合があります。

  • 治療は、抗菌薬を皮膚に塗るか、一部の患者では服用することで行います。

典型的には30~50歳の人が発症します。この病気は、肌の色が白いアイルランド系および北欧系の人で最もよくみられますが、実際には皮膚の色が比較的濃い人でも生じていて、おそらくはあまり気づかれていないだけと考えられます。酒さは医師が見れば通常は簡単に診断がつきますが、にきびや他の皮膚病のように見えることもあります。しばしば「大人のにきび」と呼ばれます。

酒さの原因は不明ですが、この病気になりやすい可能性のある人がいます。

香辛料の効いた食品、アルコール、熱い飲みものが再燃の引き金になることがあります。ほかに誘因になるものとして、日光、日焼け止め、精神的ストレス、寒い気候や暑い気候、運動、風、化粧品、熱い風呂などがあります。

アミオダロン、皮膚に塗るか鼻から吸入して使用するコルチコステロイド、高用量のビタミンB6やB12など、一部の薬剤は酒さを悪化させる可能性があります。

酒さの症状

酒さは顔面と頭皮にのみ生じます。4つの段階に分けられます。

  • 酒さ前駆期(1期):頬と鼻の皮膚が紅潮しますが、通常の期間よりも長く、またチクチクすることがあります。

  • 血管期(2期):皮膚が赤く腫れたように見え、細い血管が表皮のすぐ下に見えます(毛細血管拡張と呼ばれます)。

  • 炎症期(3期):しばしば小さな吹き出物が生じ、少量の膿(膿疱と呼ばれます)を伴うこともあります。

  • 進行期(4期):一部の人では、鼻の周囲の皮膚が厚くなり、赤くなって団子鼻(酒さ鼻)のように見えることもあります。

酒さの例

眼に生じる酒さ(眼型酒さと呼ばれます)は、多くの場合、顔面の酒さを伴います。眼型酒さの症状としては、まぶたの炎症、結膜炎、虹彩炎、強膜炎、角膜炎、またはその組合せがあり、それらにより眼のかゆみ、眼の中に何かがある感覚(異物感)、発赤、腫れを生じます。

酒さの診断

  • 医師の診察

酒さの診断は発疹の典型的な外観に基づいて下されます。特別な検査法はありません。最初に症状が現れたときの年齢と、黒色面皰や白色面皰がみられないことが、にきびとの区別に役立ちます。

酒さの治療

  • 誘因の回避

  • 炎症期の酒さでは、内服用または外用の抗菌薬、またはアゼライン酸やイベルメクチンの外用薬

  • 紅潮に対しては、ブリモニジンゲルまたはオキシメタゾリンクリーム

  • 毛細血管拡張に対しては、レーザーまたは電気焼灼術

  • 酒さ鼻に対しては、削皮術または過剰な組織の切除

酒さの最初の治療法は誘因を回避することです。酒さには根本的な治療法がないため、治療では症状をコントロールすることを目指します。

メトロニダゾール、過酸化ベンゾイル、クリンダマイシン、エリスロマイシンなどの皮膚に塗る抗菌薬や、アゼライン酸(azelaic acid)のクリーム剤が炎症期の酒さに効果的となる場合があります。イベルメクチンクリームも効果的になることがあります。皮膚に塗るコルチコステロイドは、酒さを悪化させる傾向があります。

多くの膿疱または眼型酒さが生じている人に対しては、特定の内服用抗菌薬が投与されます。通常はドキシサイクリン、テトラサイクリン、ミノサイクリン、またはエリスロマイシンが使用されます。イソトレチノイン(isotretinoin)は、内服すると有効になることがありますが、重度の副作用が生じる可能性があるため、ほかの治療薬が有効でなかった場合にしか使用されません。

持続的な紅潮や発赤は、ブリモニジンゲルまたはオキシメタゾリンのクリーム剤で治療できる場合があります。

毛細血管拡張の治療では、レーザー治療や電気焼灼術(皮膚に電流を流すことで毛細血管拡張を除去します)を行います。

重度の酒さ鼻は、薬で完全に改善することはあまりありません。このため、この病気の人では、削皮術という金属性の器具で皮膚の最も外側の層を削り取る処置か、過剰な組織を削り取るための手術またはレーザー治療が必要になることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP