Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

口囲皮膚炎

執筆者:

Jonette E. Keri

, MD, PhD, University of Miami, Miller School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

口囲皮膚炎は、口の周囲やあごにできる、でこぼこした赤い発疹で、にきびや酒さに似ています。

口囲皮膚炎の正確な原因は不明ですが、コルチコステロイドを外用すること、フッ素を含む飲料水や歯磨き粉を使用すること、またはその両方が原因の候補として考えられています。

この病気は主に小児と妊娠可能年齢の女性に生じます。典型的には、まず鼻の両側から下に伸びる皮膚のしわ(鼻唇溝)から発疹が出現し、口の周囲(口囲)に広がります。眼の周囲や前頭部まで発疹が広がることもあります。

診断

  • 皮膚の診察

口囲皮膚炎は、黒色面皰や白色面皰がみられないことで、にきびと区別されます。口囲皮膚炎は酒さとの区別が難しいことがあります。しかし、酒さでは口や眼の周囲に発疹が現れることはありません。口囲皮膚炎ではなく、酒さと診断するには、酒さの他の症状もみられる必要があります。

診断過程では、脂漏性皮膚炎接触皮膚炎など他の種類の皮膚炎の可能性も否定します。

治療

  • フッ素入りの歯磨き粉やコルチコステロイドの外用薬の使用を避ける

  • 抗菌薬

口囲皮膚炎の人は、フッ素入りの歯磨き粉やコルチコステロイドの外用薬を使用しないようにします。一部の油性の化粧品(特に保湿剤)を使用すると、病状が悪化する傾向がみられるため、それらも使用しないようにします。

医師は抗菌薬のクリームまたはゲルやテトラサイクリン系などの経口抗菌薬を投与します。2歳以上であればピメクロリムスクリームを使用することができます。発疹が消えれば、抗菌薬の使用をやめることができます。これらの抗菌薬で発疹が消失せず、特に重度の場合は、にきび用の薬剤であるイソトレチノイン(isotretinoin)が有用となることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP