Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

にきび(ざ瘡)

(尋常性ざ瘡)

執筆者:

Jonette E. Keri

, MD, PhD, University of Miami, Miller School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

にきび(ざ瘡)は、顔面や上半身の体幹部に吹き出物などの異常が生じる、ありふれた皮膚の病気です。

  • にきびは、死んだ皮膚細胞の堆積物や細菌、乾燥した皮脂などが皮膚の毛包をふさぐことによって生じます。

  • 多くの場合、顔面、胸、肩、背中の皮膚に、黒色面皰(めんぽう)、白色面皰、吹き出物、嚢腫(のうしゅ)などの隆起が現れ、ときに膿瘍も生じます。

  • にきびを診断するには、皮膚の診察を行います。

  • よく行われる治療法として、軽度のにきびには抗菌薬などの薬剤を皮膚に塗り、中等度のにきびには抗菌薬を経口で投与し、重度のにきびにはイソトレチノイン(isotretinoin)を経口で投与します。

にきびは米国で最もよくみられる皮膚の病気で、全人口の80%の人が生涯に一度はかかります。

にきびの原因

にきびは、ホルモンと皮脂と細菌の相互作用により、毛包(皮膚の中で毛髪が生えてくる部分)に炎症が起きることで発生します。にきびは様々な種類の病変を特徴とします。それらは大きさや重症度が多彩で、皮膚の奥深くにまで及んでいるものもあります。

  • 黒色面皰(開放面皰)

  • 白色面皰(閉鎖面皰)

  • 吹き出物(炎症を起こした閉鎖面皰)

  • 丘疹(硬い隆起)

  • 膿疱(内部に膿がたまった皮膚表層の隆起)

  • 結節(内部に膿がたまった皮膚深層に及ぶ硬い隆起)

  • 嚢腫(内部に膿がたまった大きな空洞)

  • 膿瘍(内部に膿がたまった皮膚深層に及ぶ空洞で、かなり大きくなることがある)

嚢腫と膿瘍は、どちらも内部に膿がたまった空洞ですが、膿瘍の方が大きくて深さもあります。

皮脂腺は脂肪分(皮脂)を分泌する腺で、皮膚の中間層にあたる真皮の中にあります。この腺は毛包に付随しています。皮脂は、死んだ皮膚細胞とともに皮脂腺から毛包内を上がっていき、やがて毛孔から皮膚の表面に排出されます。

にきびは、毛包に乾燥した皮脂、死んだ皮膚細胞、細菌などの集まりが詰まってしまい、皮脂が毛孔から外に出てこられなくなったためにできます。

黒色面皰(開放面皰)は、毛包が不完全に詰まった場合にできます。

白色面皰(閉鎖面皰)は、毛包が完全に詰まった場合にできます。

吹き出物は、炎症を起こした白色面皰です。アクネ菌(Propionibacterium acnes)は健康な人の毛包内にも生息している細菌ですが、毛包が皮脂でふさがると、過剰に増殖してしまいます。この細菌は皮脂を分解し、皮膚に刺激を与える物質を作りだします。その結果として生じる炎症により、一般的ににきびとして知られる皮膚の隆起が生じます。より深い部分に炎症が生じると嚢腫を生じ、ときに膿瘍となることもあります。

にきびの最も一般的な誘因は以下のものです。

にきびは主に思春期にできますが、これは思春期にはホルモン、特にアンドロゲン( テストステロンなど)の分泌が増加することで皮脂腺が刺激され、皮脂の分泌量が過剰になるからです。20代前半から半ばまでには、通常はホルモンの分泌が低下し、にきびは減るか消失します。しかし、最大40%の女性では40代までにきびが残ることがあります。

ほかの状況でホルモンの量が変化する場合にも、にきびができることがあります。

  • 妊娠または月経

  • 多嚢胞性卵巣症候群

  • 特定の薬

  • 皮膚に塗られる特定の製品やきつすぎる衣服

  • 高い湿度と発汗

若い女性の場合、月経の周期に伴ってにきびができることがありますし、妊娠中には消えたり、大幅に悪化したりすることがあります。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、月経周期が乱れて、にきびができたり悪化したりすることがあるホルモンの病気です。一部の薬剤、特にコルチコステロイドやタンパク同化ステロイドを使用すると、にきびが悪化したり、再燃したりすることがあります。特定の化粧品、洗浄剤、ローションも毛孔を詰まらせ、にきびを悪化させることがあります。きつすぎ蒸れて汗をかきやすい衣服がにきびの原因になることもあります。

ほとんどの人で、にきびの程度や状態は様々で、改善するときもあれば悪化するときもあるため、にきびの急な出現の原因になっている要因を特定するのは容易ではありません。にきびは冬に悪化し、夏に好転することが多いですが、これはおそらく日光に抗炎症作用があるためと考えられています。一方で、にきびと洗顔の不十分さ、自慰、性行為、食事のほとんどの要素(チョコレート、脂っこい食品、香辛料の効いた食品など)の間には何の関係もみられません。乳製品や高糖質食がにきびの発生に関与するかどうかは不明です。

知っていますか?

  • にきびと洗顔の不十分さ、自慰、性行為、食事のほとんどの要素との間には何の関係もみられません。

にきびの症状

にきびの多くは顔面にできますが、首、肩、背中、胸の上部にできることもよくあります。タンパク同化ステロイドを使用すると、典型的には肩や背中の上部に生じます。

にきびの重症度は以下の3段階に分けられます(訳注:日本の「尋常性ざ瘡治療ガイドライン」では、軽症、中等症、重症、最重症の4段階に分類しています)。

  • 軽度のにきび

  • 中等度のにきび

  • 重度のにきび

にきびはたとえ軽度であっても、悩みの種になることがあり、特に青年にとっては、1つひとつのにきびが美容上の大問題に見えることがあります。

軽度のにきびと重度のにきびの比較

軽度のにきびと重度のにきびの比較

軽度のにきびでは、非炎症性の黒色面皰や白色面皰がごく少数(20個未満)、または小さな軽い炎症を起こした吹き出物がそれより若干多くできる程度です。膿疱が生じることもあり、これは先端が黄色くなった吹き出物に似ています。黒色面皰では、肌色の小さな隆起が生じ、その真ん中が黒くなっています。白色面皰も外観は似ていますが、中心の黒い点がありません。吹き出物は軽い不快感があり、真ん中の白い点が赤くなった小さな皮膚の領域に囲まれています。

中等度のにきびでは、黒色面皰、白色面皰、吹き出物、膿疱が多くなります。

重度のにきびでは、非常に多くの黒色面皰や白色面皰、吹き出物、膿疱、または嚢腫性(深在性)ざ瘡のいずれかが生じます。嚢腫性ざ瘡では、膿の詰まった痛みを伴う赤く大きな結節である嚢腫が5つ以上でき、皮膚の下でそれらが融合し、大きなじくじくした膿瘍を形成することもあります。

軽度のにきびは、通常は瘢痕(はんこん)を残さず治ります。しかし、吹き出物をつぶしたり、開こうとしたりすると、炎症を悪化させて皮膚の傷が深くなるため、にきびのあと(瘢痕)が残りやすくなります。重度のにきびでは、しばしば嚢腫や膿瘍が破裂し、治った後もよく瘢痕が残ります。瘢痕は、小さくて深い穴(アイスピックで突いたような瘢痕)や、様々な深さのあばた、大きく不規則な形のくぼみなどになります。にきびの瘢痕は生涯残るため、人によっては見た目が気になり、精神的ストレスの原因になることもあります。瘢痕の色が濃くなることもあります。

にきびの例

集簇性ざ瘡(しゅうぞくせいざそう)は、最も重度のにきびで、膿瘍から重度の瘢痕や他の合併症が生じます。重度のにきびが腕、腹部、殿部、さらには頭皮にまで現れることがあります。

電撃性ざ瘡顔面膿皮症(電撃性酒さとも呼ばれる)は、互いに関連している可能性のある、まれなタイプの重度のにきびで、一般的には突然発生します。

にきびの診断

  • 皮膚の診察

にきびの診断は皮膚の診察結果に基づいて下されます。酒さなどの他の皮膚の病気ではなく、にきびであることを確認するために、黒色面皰や白色面皰などの特定の症状がないか調べます。

診断が確定すれば、病変の数と種類に基づいて重症度を軽度、中等度、重度のいずれかに判定します。

予後(経過の見通し)

にきびは重症度にかかわらず、通常は20代前半から半ばまでに自然に軽くなりますが、一部の人(多くは女性)では40代までみられることがあります。成人でも、ときに軽度のにきびが単発でできることがあります。

軽度のにきびは、通常は瘢痕を残さずに治ります。中等度から重度のにきびは治りますが、しばしば瘢痕が残ります。

にきびは青年にとっては大きな精神的ストレスとなり、引きこもりの原因になることもあります。そのため、カウンセリングが必要になる場合もあります。

にきびの治療

  • 白色面皰と黒色面皰に対しては、トレチノインクリーム

  • 軽度のにきびに対しては、トレチノインクリーム、ときに過酸化ベンゾイルや抗菌薬、またはその両方の外用

  • 中等度のにきびに対しては、抗菌薬の内服と軽度のにきびに対するものと同じ薬剤の外用

  • 重度のにきびに対しては、イソトレチノインの内服

  • 嚢腫性ざ瘡に対しては、コルチコステロイドの注射

一般的なにきびのケアは非常にシンプルです。にきびができた部位を、1日に1~2回、低刺激の石けんで優しく洗います。抗菌石けんやスクラブ入り石けん、アルコール綿を使ったり、頻繁にごしごし洗ったりしても、特に効果が得られるわけではなく、皮膚をさらに刺激してしまう可能性があります。

化粧品については、油分の多いものはにきびを悪化させるため、水分が主体の製品を使用するようにします。

特定の食品(ピザやチョコレートなど)に対する制限はありませんが、健康でバランスのよい食生活を送るようにします(「栄養所要量」を参照)。青年でにきびの治療に効果がない場合は、血糖指数の低い食事や牛乳摂取の制限を考慮することもあります。

知っていますか?

  • 力まかせに洗ったりこすったりすると、皮膚に刺激感を与え、にきびが悪化することがあります。

特定の人だけに有用なにきび治療法もあります。例えば、にきびのある女性に経口避妊薬が処方されることがあります。ただし、この治療法は効果が得られるまでに6カ月以上かかります。スピロノラクトン(アルドステロンというホルモンの作用を阻害する薬剤)も一部の女性で有用となることがあります。炎症が起きている(吹き出物や膿疱がある)人には、光を利用する様々な治療法が役立っています。

このような日常的な対策を講じた上で、重症度に応じたにきび治療を行います。軽度のにきびには、最も簡単で副作用のリスクが最も少ない治療で十分です。より重度のにきびや、基本的な治療では改善されないにきびには、さらなる治療が必要です。治療計画には必ず教育、サポート、そして患者にとって最も現実的な選択肢を含めます。専門医の受診が必要なこともあります。

軽度のにきび

軽度のにきびの治療薬は皮膚に塗って使用します(外用薬)。これらの薬には細菌を殺したり(抗菌薬)、にきびを乾燥させたり、毛孔の詰まりを取ったりする(面皰改善薬)作用があります。古くから処方なしで購入できるクリーム剤には、サリチル酸、レゾルシノール、または硫黄が含まれており、これらは吹き出物を乾燥させ、わずかに皮膚を剥がすことで作用します。

黒色面皰や白色面皰に最もよく使用される外用薬はトレチノインです。トレチノインには高い効果がありますが、皮膚に刺激感を与え、日光に対する過敏性を高めます。そのため、この薬は慎重に使用する必要があり、最初は使用頻度と濃度を抑え、どちらも徐々に増やしていきます。トレチノインの副作用に耐えられない人には、アダパレン、アゼライン酸(azelaic acid)、グリコール酸、またはサリチル酸が使用されます。

炎症も生じている(吹き出物や膿疱がある)場合は、トレチノインに過酸化ベンゾイル、外用抗菌薬、またはその両方を組み合わせて投与します。処方される外用抗菌薬で最も一般的なものは、クリンダマイシンとエリスロマイシンの2つです。レチノイドや過酸化ベンゾイルと併用する場合を除き、外用抗菌薬は使用するべきではありません。過酸化ベンゾイルには処方薬も市販薬もあります。グリコール酸はトレチノインの代わりに使用する場合と、トレチノインに追加して使用する場合があります。

黒色面皰と白色面皰は、面皰圧出器と呼ばれる器具と滅菌された針を用いて医師に取り除いてもらうことができます(この処置を圧出といいます)。

内服用の抗菌薬(ドキシサイクリン、ミノサイクリン、テトラサイクリン、エリスロマイシンなど)は、外用薬のみで管理できなくなったにきびに対して投与されます。

中等度のにきび

中等度のにきびは、通常は抗菌薬の服用(経口投与)で治療します。よく使用される抗菌薬として、ドキシサイクリン、ミノサイクリン、テトラサイクリン、エリスロマイシンなどがあります。しばしば、軽度のにきびに使用するものと同じ外用薬と、経口抗菌薬を使用します。最大の効果を得るには、抗菌薬を約12週間服用しなければならない場合もあります。

可能であれば、経口抗菌薬の使用を中止して、外用薬だけで良好な状態を維持します。にきびは短期間の治療では再発することがあるため、数カ月から数年にわたって治療を継続しなければならないこともあります。

女性が抗菌薬を長期間服用すると、ときに腟の真菌感染症が発生することがあり、その治療が必要になる場合もあります。

経口抗菌薬に効き目がない女性では、経口避妊薬、スピロノラクトンまたはその両方が投与される場合があります。

重度のにきび

最も重症度の高いにきびに抗菌薬が効かない場合は、経口薬のイソトレチノイン(isotretinoin)が最善の治療法となります。イソトレチノインは、外用薬のトレチノインと同じグループの薬で、にきびの治癒を期待できる唯一の薬です。しかし、イソトレチノインは非常に重い副作用を引き起こす可能性があります。イソトレチノインは、胎児の発育に有害な影響を及ぼすことがあるため、服用している女性は妊娠しないように、治療前、治療中、治療後に少なくとも2種類の避妊法を使用する必要があります。比較的重篤ではない他の副作用もあります。

治療は一般的には16~20週間続けて行いますが、それ以上になることもあります。

集簇性ざ瘡の患者には経口抗菌薬が処方されます。抗菌薬が効かない場合は、経口イソトレチノインを使用します。

icon

にきびの治療に用いられる薬剤

薬剤

副作用

備考

細菌を殺す薬剤(外用薬)

クリンダマイシン

下痢(まれ)

炎症性腸疾患の患者では使用しない

エリスロマイシン

副作用は強くない

耐性菌が生じることが多い

過酸化ベンゾイル

皮膚の乾燥

衣服や毛が脱色することがある

アレルギー反応(まれ)

エリスロマイシンまたはクリンダマイシンと併用した場合に特に有効

毛孔の詰まりを取る薬剤(外用薬)

トレチノイン

皮膚の刺激感

皮膚の日光過敏

トレチノインによる治療では、使用開始後ににきびが悪化したように見え、改善がみられるまで3~4週間かかることがある

日光にあたる際に保護効果の高い衣類の着用と日焼け止めの使用が必要

妊娠中は使用を避ける

タザロテン

皮膚の刺激感

皮膚の日光過敏

タザロテンによる治療では、使用開始後ににきびが悪化したように見え、改善がみられるまで3~4週間かかることがある

日光にあたる際に保護効果の高い衣類の着用と日焼け止めの使用が必要

妊娠中は使用を避ける

アダパレン

皮膚が赤くなり、熱感が生じる

日光に対して過敏になる

トレチノインと同じくらい有効だが、刺激感が少ない

日光にあたる際に保護効果の高い衣類の着用と日焼け止めの使用が必要

アゼライン酸(Azelaic acid

肌の色が薄くなることがある

刺激感は最小限

単独またはトレチノインと併用で使用する

皮膚の色を薄くする作用があるため、皮膚の色が濃い人が使用する際には注意が必要であるが、治癒後も色が濃いままになった部分を薄くするのに役立つことがある

グリコール酸

チクチク感

軽度の刺激感

処方薬に加え、市販薬のクリーム、ローション、溶液が使用される

サリチル酸

チクチク感

軽度の刺激感

処方薬に加え、市販の洗浄液、ピーリング剤、マスク、ローションが使用される

細菌を殺す薬剤(内服薬)

テトラサイクリン

皮膚が日光過敏になる

安価で安全だが、空腹時に服用する必要がある

日光にあたる際に保護効果の高い衣類の着用と日焼け止めの使用が必要

ドキシサイクリン

皮膚が日光過敏になる

日光にあたる際に保護効果の高い衣類の着用と日焼け止めの使用が必要

ミノサイクリン

頭痛

めまい

皮膚の変色

最も有効な抗菌薬だが高価

エリスロマイシン

胃の不調

エリスロマイシンには耐性菌が生じることが多い

毛孔の詰まりを取る薬剤(内服薬)

イソトレチノイン(isotretinoin

胎児の発育に有害な影響を及ぼすことがある

血球、肝臓、脂質(中性脂肪[トリグリセリド]とコレステロール)の検査値に影響を及ぼすことがある

ドライアイ、唇の荒れ、粘膜の乾燥

高用量では大きな関節や腰の痛みやこわばり

うつ病、自殺念慮、自殺企図、(まれに)自殺既遂との関連がみられるが、イソトレチノインが実際の原因かどうかは不明

炎症性腸疾患(クローン病および潰瘍性大腸炎)の発症または悪化との関連性は不明

性的に活動的な女性では、イソトレチノイン(isotretinoin)の服用開始前と服用中は月1回のペースで妊娠検査を行い、さらに服薬開始の1カ月前から2種類の避妊法を使用するか性行為を控え、それを服用中と服用中止から1カ月後まで継続することが必要

血液検査により、薬が血球、肝臓、脂質濃度に影響を与えていないか調べることが必要

嚢腫性ざ瘡

炎症を起こしている大きな結節や膿瘍のある患者には、ときにコルチコステロイドを直接注射して治療することがあります。ときには、結節や膿瘍を切開して膿を出します。

にきびの瘢痕

にきびの瘢痕(はんこん)がひどい場合は、瘢痕の形や深さ、位置に応じて治療します。

小さく浅い瘢痕が複数ある場合は、ケミカルピーリング、レーザー治療、削皮術、マイクロニードリングと呼ばれる新しい治療法による治療が可能です。マイクロニードリングでは、小さな針を刺し、皮膚のコラーゲンの変化を引き起こします。

削皮術は、金属性の器具で皮膚の最も外側の層を削り取るという処置です。

その深さにかかわらず、個々の瘢痕部を切り取って、皮膚を縫い合わせることがあります。

幅が大きくギザギザした瘢痕の場合は、皮膚の下に小さい切れこみを作り、瘢痕化した組織を解放するサブシジョンという処置を行うと、見た目を改善することができます。この処置を行うと、多くの場合、皮膚が元の正常な輪郭に戻ります。コラーゲンや脂肪、その他様々な合成物質をにきびの瘢痕に注入する方法もあります。これらの物質は、皮膚のへこんだ部分を盛り上げ、周囲と同じ高さにして目立たなくします。コラーゲン、ヒアルロン酸、ポリメチルメタクリレート注射などの充填剤は、一時的な効果しかなく、定期的に繰り返し使用する必要があります。他の充填剤には恒久的なものもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP