Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

魚鱗癬

執筆者:

Mercedes E. Gonzalez

, MD, University of Miami Miller School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

魚鱗癬(ぎょりんせん)は、皮膚に鱗屑(うろこ状のくず)やフケのような剥がれが生じる病気で、軽度ながら不快な乾燥が生じるものから、重度で外観を損なう皮膚病まで広い幅があります。

かゆみ皮膚の乾燥[乾皮症]も参照のこと。)

魚鱗癬は重度の皮膚の乾燥の一種で、皮膚に鱗屑が大量に生じます。鱗屑とは、死んだ皮膚細胞が蓄積し、薄く剥がれ、乾燥し、ざらざらになった斑状の領域です。

魚鱗癬は、ただの皮膚の乾燥である乾皮症とは異なり、遺伝性の病気として、または他のいくつかの病気や薬によって、皮膚の乾燥が生じる病気です(前者は遺伝性魚鱗癬、後者は後天性魚鱗癬と呼ばれます)。

遺伝性魚鱗癬

遺伝性魚鱗癬(最も多いタイプ)は遺伝子の変異により生じるもので、変異は通常は親から子へと伝わりますが、自然発生的に生じることもあります。遺伝性魚鱗癬は出生時にみられることもあれば、乳児期や小児期に発生することもあります。遺伝性魚鱗癬には様々な種類があります。皮膚にのみ生じるものもあれば、他の臓器に生じる遺伝性疾患の一部に過ぎない場合もあります。

その種類により、鱗屑は細かいこともあれば、大きく厚く、いぼ状であることもあります。鱗屑が手のひらや足の裏にのみ生じることもあれば、体のほとんどの部分を覆うこともあります。水疱を引き起こすものもあり、その場合、細菌に感染しやすくなります。

後天性魚鱗癬

後天性魚鱗癬は、甲状腺機能低下症(甲状腺の活動が不十分になった状態)、リンパ腫エイズなど、いくつかの体内の病気が原因で生じることがあります。一部の薬が後天性魚鱗癬を引き起こすこともあります(ニコチン酸、トリパラノール、ブチロフェノンなど)。後天性魚鱗癬は一般的に成人期に発生します。

診断

  • 特徴的な鱗屑の発生

  • 遺伝性魚鱗癬については、検査および遺伝専門医への相談

  • 後天性魚鱗癬については、ときに皮膚生検

遺伝性魚鱗癬は、乳児が皮膚に特徴的な鱗屑をもって生まれたり、小児にそのような鱗屑が生じた場合に診断されます。医師は検査を行い、遺伝性魚鱗癬の原因を判断するために遺伝に関する専門医(遺伝専門医)に相談します。

後天性魚鱗癬は、薬を服用したり、体内の病気を発症したりした後に特徴的な鱗屑が生じた場合に診断されます。皮膚生検を行うこともあり、これにより体内の原因が判明することがあります。

治療

  • 保湿剤

  • 後天性魚鱗癬については、原因の治療

  • 遺伝性魚鱗癬については、ビタミンAに関連する処方薬

  • 感染症が生じた場合は、抗菌薬

後天性魚鱗癬については、原因になっている基礎疾患を治療するか、魚鱗癬の原因になっている薬の使用を中止します。他の治療法としては、保湿剤により皮膚の水分を保持することや、皮膚の乾燥を避けることがあります。

ワセリン、鉱物油、サリチル酸、乳酸、乳酸アンモニウム、セラミド、または尿素を含む保湿剤を、入浴後すぐの皮膚がまだ湿っている間に塗ります。余分な保湿剤は、タオルでポンポンとたたくようにして取り除きます。

成人では、プロピレングリコール水溶液を入浴後に患部に塗ると鱗屑を取り除くのに役立ちます。その後、患部をラップやビニール袋で一晩中覆っておきます。この溶液は小児にも1日2回塗ることができますが、ラップは使用しません。

遺伝性魚鱗癬については、レチノイドであるトレチノイン、経口イソトレチノイン、経口アシトレチン(acitretin)など、ビタミンAに関連する物質を含有するクリーム剤または錠剤が、皮膚から大量の鱗屑を落とすのに有用です。

細菌感染症のリスクがある場合は抗菌薬の内服薬を投与することがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP