Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

皮膚の乾燥(乾皮症)

(乾燥症)

執筆者:

Mercedes E. Gonzalez

, MD, University of Miami Miller School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

乾皮症は通常の皮膚の乾燥です。

かゆみも参照のこと。)

正常な皮膚が柔らかくしなやかなのは、水分を含んでいるためです。水分が失われないように、皮膚の一番外側の層には脂が含まれていて、これにより皮膚の深い層の水分の蒸発が抑えられ、水分が保持されます。この脂が失われてしまうと皮膚は乾燥します。皮膚の乾燥は、遺伝性の病気や他の病気を原因とするものではない限りは、乾皮症と呼ばれます。

皮膚の乾燥はよくみられ、特に中年以降に多くなります。皮膚の乾燥の危険因子には以下のものがあります。

  • 寒く、乾燥した気候

  • 頻繁な入浴、特に強力な石けんを使用している場合

  • 高齢

入浴すると皮膚表面の脂が洗い流され、皮膚の乾燥を招きます。乾燥した皮膚はヒリヒリすることがあり、しばしばかゆみを伴います。乾燥した皮膚がフケのような薄片や落屑になって剥がれ落ちることもあります。落屑は脚の膝より下の部分によく生じます。乾燥した皮膚をこすったりかいたりすると、感染症や瘢痕化が生じることがあります。

診断

  • 医師による皮膚の診察

皮膚の乾燥の診断は、軽度から中等度の鱗屑(うろこ状のくず)を伴う乾燥した皮膚が、小さなフケ状に剥がれ落ちる様子を確認することで下されます。

治療

  • 保湿剤

  • 乾燥を予防するための他の対策

皮膚の乾燥を治療する際には、皮膚の水分を保つことが重要です。入浴回数を減らし、熱いお湯の代わりにぬるま湯を使用することで、保護作用のある脂が皮膚にとどまります。ワセリン、鉱物油、グリセリンを含有する保湿用の軟膏やクリームを使用することも、皮膚の水分を保つのに役立ち、入浴後すぐに使用するようにします。乳酸やサリチル酸など、特定の物質を含有する保湿剤も使用されます。強力な石けん、洗剤、一部の保湿剤に含まれる香料は、皮膚を刺激して乾燥を悪化させることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP