Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

汗疱

(異汗性湿疹)

執筆者:

Mercedes E. Gonzalez

, MD, University of Miami Miller School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

汗疱(かんぽう)は、かゆみを伴う水疱が手のひらや指の側面にできることを特徴とする慢性の皮膚炎で、ときに足の裏に発生することもあります。

皮膚炎の概要も参照のこと。)

汗疱は、発汗の異常が原因であることを意味する異汗性湿疹と呼ばれることもありますが、この病気は実際には発汗が原因ではありません(汗により悪化することはあります)。汗疱の原因は分かっていませんが、患者はしばしばアトピー性皮膚炎や接触皮膚炎を合併していて、ストレスのほか、ニッケル、クロム、コバルトなどの特定の物質の摂取が一因になっている場合があります。青年や若い成人に多くみられます。

この病気は小水疱から始まり、それが赤くなってじくじくし、続いて鱗屑(うろこ状のくず)が生じます。汗疱は、数カ月毎または数年の間隔を空けながら、突然発生しては消失し、一般に強いかゆみを伴います。汗疱の患部の皮膚に細菌が感染することがあります。数週間で自然に消えます。

診断

  • 皮膚の外観

汗疱の診断は、皮膚の外観と定期的な再発の病歴に基づいて下されます。

治療

  • 湿布

  • コルチコステロイド

  • 抗菌薬

  • 光線療法

過マンガン酸カリウムか酢酸アルミニウム(ブロー液)に浸した湿布を当てると、水疱の消失を早める効果があります。

強い外用コルチコステロイドや、タクロリムスまたはピメクロリムスが、かゆみや炎症に対して有用です。

抗菌薬(細菌感染症の治療)の服用や光線療法(紫外線の照射)で治療することもできます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP