Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

剥脱性皮膚炎

(紅皮症)

執筆者:

Mercedes E. Gonzalez

, MD, University of Miami Miller School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

剥脱性皮膚炎は、重度の炎症によって全身の皮膚に発赤、ひび割れ、鱗屑(うろこ状のくず)が生じ、皮膚の上層が剥がれ落ちる(剥脱する)病気です。

特定の薬(特にペニシリン系薬剤、スルホンアミド系薬剤、イソニアジド、フェニトイン、バルビツール酸系薬剤)が原因になることがあります。また、他の皮膚の病気、例えばアトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎(湿疹) アトピー性皮膚炎(一般には湿疹と呼ばれます)とは、皮膚の上層に生じる、かゆみを伴う慢性的な炎症です。花粉症や喘息のある人、また家族にそのような病気の人がいる人にみられることの多い病気です。 アトピー性皮膚炎は非常によくみられるもので、特に先進国やアレルギーを起こしやすい人に多くみられます。 乳児では、じくじくしてかさぶたを伴う赤い発疹が、顔面、頭皮、手、腕、足、脚にできる傾向があります。... さらに読む アトピー性皮膚炎(湿疹) 乾癬 乾癬 乾癬(かんせん)は、1つまたは複数の盛り上がった赤い斑が生じる、再発を繰り返す慢性の病気で、それらの斑は銀白色の鱗屑(うろこ状のくず)を伴い、正常な皮膚との境界ははっきりしています。 免疫系の問題が関わっている可能性があり、遺伝的に乾癬を生じやすい人もいます。 特徴的な鱗屑または赤い斑が全身のあらゆる部分に様々な大きさで生じますが、特に肘、膝、頭皮によくみられます。 この病気の治療は、皮膚に塗る薬剤(外用薬)、紫外線照射(光線療法)、内... さらに読む 乾癬 接触皮膚炎 接触皮膚炎 接触皮膚炎は、特定の物質に直接触れることで皮膚に炎症が起きる病気です。発疹は非常にかゆく、特定の部位に限定され、しばしば境界がはっきりしています。 (皮膚炎の概要も参照のこと。) 物質により皮膚の炎症が引き起こされる仕組みは、以下の2つのうちいずれかです。 刺激(刺激性接触皮膚炎) アレルギー反応(アレルギー性接触皮膚炎) さらに読む 接触皮膚炎 などの合併症として発生する場合もあります。特定のリンパ腫 リンパ腫の概要 リンパ腫とは、リンパ系および造血器官に存在するリンパ球のがんです。 リンパ腫は、リンパ球と呼ばれる特定の白血球から発生するがんです。この種の細胞は感染を防ぐ役割を担っています。リンパ腫は、Bリンパ球やTリンパ球のいずれの細胞からも発生する可能性があります。Tリンパ球は免疫系の調節やウイルス感染に対する防御に重要です。Bリンパ球は抗体を産生... さらに読む リンパ腫の概要 (リンパ節のがん)や、白血病 白血病の概要 白血病は、白血球または成熟して白血球になる細胞のがんです。 白血球は骨髄の幹細胞から成長した細胞です。ときには成長がうまくいかずに、染色体の一部の並びが変化してしまうことがあります。こうして異常となった染色体により正常な細胞分裂の制御が失われ、この染色体異常がある細胞が無制限に増殖するようになったり、細胞がアポトーシス(不要になった細胞が... さらに読む などの他のがんが原因になることもあります。最大25%の人では原因が不明です。

症状

剥脱性皮膚炎は急速に始まる場合も、ゆっくりと始まる場合もあります。まず、全身の皮膚表面が赤くなり、つやが出ます。それから皮膚に鱗屑が生じて厚くなり、ときにかさぶたができます。皮膚の上層である表皮が体の大部分で剥がれ落ちます。毛や爪が抜け落ちることもあります。かゆみやリンパ節の腫れが生じる人もいます。

発熱もよくみられますが、損傷した皮膚から多くの熱が逃げていくため、本人は寒く感じ、悪寒が生じることもあります。大量の体液、電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウムなど)、鉄、タンパク質がしみ出すことがあります。皮膚が損傷されると、感染に対する防御力が低下するため、皮膚に細菌が感染することがあります。

診断

予後(経過の見通し)

剥脱性皮膚炎は生命を脅かすことがありますが、予後は原因によって異なります。薬が原因の場合は、その薬の使用を中止してから2~6週間、皮膚炎が続きます。

治療

  • しばしば支持療法のための入院

  • スキンケア

  • 基礎にある原因の治療

患部の皮膚に感染症が生じないよう予防し、体液やタンパク質の喪失を生命が脅かされない程度に抑える上で、剥脱性皮膚炎の診断と支持療法を早期に行うことが重要となります。

重度の場合、しばしば入院のうえ、感染予防のための抗菌薬の投与、皮膚表面から失われた体液と塩類を補うための輸液、栄養補給を受けることが必要です。体温調節のため、薬や温めた毛布を使用することもあります。冷たいオートミール浴後にワセリンを塗ってガーゼで覆うことが皮膚の保護に有用です。コルチコステロイド(プレドニゾン[日本ではプレドニゾロン]など)の内服や静脈内投与は、他の手段で効果がなかったり、病状が悪化したりした場合にのみ使用されます。

剥脱性皮膚炎を引き起こす可能性のある薬や化学物質は、すべて使用を中止するか、避けるようにします。リンパ腫が原因の場合は、リンパ腫の治療が有用です。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP