Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

粟粒結核

(播種性結核)

執筆者:

Dylan Tierney

, MD, MPH , Harvard Medical School;


Edward A. Nardell

, MD, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

粟粒結核は、生命を脅かすことのあるタイプの結核で、大量の結核菌が血流を介して全身に広がって起こります。

結核は、空気感染する細菌である結核菌 Mycobacterium tuberculosisによって引き起こされる感染症です。通常、結核は肺の1カ所または数カ所を侵します。粟粒結核という名称は、肺内にできるおびただしい数の小さな病巣が、鳥の餌に含まれる小さな丸い粟(あわ)程度の大きさであることに由来します。

粟粒結核は、1つの臓器や複数の臓器を侵すこともあれば、全身に発生することもあります。肺、肝臓、骨髄に最もよくみられますが、髄膜(脳や脊髄を覆っている組織)や心膜(心臓の外側を覆っている2層の膜)など、どの臓器にも発生する可能性があります。

粟粒結核になりやすいのは以下のような人です。

  • 4歳未満の小児

  • 免疫機能が低下している人

  • 高齢者

症状

粟粒結核の症状は漠然としていて、特定しにくい場合があります。体重減少、発熱、悪寒、脱力、全身の不快感、呼吸困難などがみられます。

骨髄に感染が及ぶと、白血病を疑わせるような重度の貧血など、血液の異常が起こることがあります。

未確認の病巣から細菌が断続的に血流に放出される場合には、発熱と解熱を繰り返し、徐々に体重が減少して体力を消耗していきます。

診断

  • 感染している部位から採取したサンプルの観察と培養検査

  • 結核を検出する血液検査

  • 胸部X線検査

粟粒結核の診断は、肺結核の診断と同様です。

感染している体液のサンプルを、顕微鏡で調べたり、検査室に送って細菌を増殖させる検査(培養検査)を行う場合があります。以下の体液がサンプルとして使用されます。

  • 血液

  • 腰椎穿刺で採取した脳脊髄液(髄液)

  • 尿

  • 胸膜(肺を覆う2層の膜)の間から採取した体液

  • 心膜(心臓を覆う2層の膜)の間から採取した体液

  • 関節液

  • 骨髄

結核を検出するツベルクリン検査と血液検査(インターフェロンガンマ遊離試験)が行われます。

胸部X線検査では、粟粒結核に特徴的なおびただしい数の小さな点がみられることがあります。また、体のどの部位が侵されているかに応じて、他の画像検査を行います。例えば、CT(コンピュータ断層撮影)検査、超音波検査、MRI(磁気共鳴画像)検査などが行われます。

治療

  • 抗菌薬

  • コルチコステロイド

  • ときに手術

一般的に、粟粒結核の治療は肺結核の治療と同様です。

髄膜に感染が起きていなければ、通常は抗菌薬を6~9カ月にわたって投与します。その後、抗菌薬を9~12カ月間、投与します。

心膜や髄膜に影響が及んでいる場合は、コルチコステロイドが有用となることがあります。

結核菌は抗菌薬に対する耐性を獲得しやすい細菌であり、特に患者が服薬のスケジュールや指示された期間を守らなければ、耐性をもった菌が現れる可能性が高くなります。

粟粒結核に伴う一部の合併症には手術が必要です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP