Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

クロストリジウム感染症の概要

執筆者:

Larry M. Bush

, MD, FACP, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University

医学的にレビューされた 2019年 12月
プロフェッショナル版を見る

クロストリジウム属には多くの種があります。

最も頻度の高いクロストリジウム感染症は 胃腸炎 胃腸炎 胃腸炎とは、胃、小腸、大腸の粘膜に生じた炎症のことです。通常は微生物が感染することで起こりますが、毒性のある化学物質や薬の摂取が原因で起こることもあります。 胃腸炎の通常の原因は感染ですが、毒性物質や薬の摂取が原因となることもあります。 典型的には、下痢、吐き気、嘔吐、腹痛がみられます。... さらに読む 胃腸炎 (ウェルシュ菌 Clostridium perfringensによる食中毒)で、これは通常、軽度の感染症で、典型的には自然に治癒します。重篤なクロストリジウム感染症は比較的まれですが、死に至ることがあります。

クロストリジウム属の細菌は、次のように種毎に異なるメカニズムで病気を発生させます。

クロストリジウム属の細菌は胆嚢、結腸、女性の生殖器にも感染します。クロストリジウム属の細菌が白血球数の少ない人(白血病の人やがんの化学療法を受けている人)の結腸に感染すると、好中球減少性腸炎と呼ばれる生命を脅かす病気を引き起こすことがあります。

ウェルシュ菌(Clostridium perfringens )食中毒

ウェルシュ菌食中毒 ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)食中毒 ウェルシュ菌 Clostridium perfringens食中毒は、ウェルシュ菌 Clostridium perfringensという細菌に汚染された食べものを摂取することで起こります。この細菌は小腸に入ると毒素を放出し、しばしば下痢を起こします。 ウェルシュ菌によって 胃腸炎などのいくつかの病気が引き起こされます。菌株によっては、軽度から中等度の胃腸炎が起こり、治療しなくても回復しますが、重度の胃腸炎を引... さらに読む 胃腸炎 胃腸炎 胃腸炎とは、胃、小腸、大腸の粘膜に生じた炎症のことです。通常は微生物が感染することで起こりますが、毒性のある化学物質や薬の摂取が原因で起こることもあります。 胃腸炎の通常の原因は感染ですが、毒性物質や薬の摂取が原因となることもあります。 典型的には、下痢、吐き気、嘔吐、腹痛がみられます。... さらに読む 胃腸炎 の一種)は、ウェルシュ菌で汚染された食べもの(通常は牛肉)を摂取することで発生します。ウェルシュ菌は、調理時に加熱されても生存可能な芽胞から発生します。芽胞を含んだ食べものを調理後すぐに食べなかった場合、芽胞から活性のあるウェルシュ菌が発生して食べものの中で増殖します。その食べものを十分に再加熱せずに食べると、ウェルシュ菌が体内に取り込まれてしまいます。小腸で増殖した細菌は毒素を作り、水様性下痢と腹痛を引き起こします。

ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)食中毒は通常は軽度で、24時間以内に治まります。しかし、まれに重症化することもあり、乳幼児や高齢者ではこの傾向が特にあります。

ある地域でウェルシュ菌(Clostridium perfringens)食中毒が集団発生している場合は、通常、医師はこの食中毒の可能性を疑います。汚染された食べものまたは感染した人の便のサンプルを検査し、ウェルシュ菌 Clostridium perfringensとその毒素の有無を確認することで診断が確定します。

食中毒を予防するには、調理した肉の残り物はすぐに冷蔵庫に入れ、その後食事に出す前には十分に再加熱するようにします。

ウェルシュ菌(Clostridium perfringens)食中毒の治療は、水分をたくさんとって安静にすることです。抗菌薬は使用しません。

クロストリジウム属細菌による腹腔内および骨盤内感染症

クロストリジウム属の細菌(通常はウェルシュ菌 Clostridium perfringens)は、腹部で感症染を起こすことが多く、その場合は通常、ほかの細菌も一緒に感染します(嫌気性菌混合感染症と呼ばれます)。

腸管が破れるとクロストリジウム感染症が発生することがあります。クロストリジウム属細菌は胆嚢や、子宮、卵管、卵巣などの骨盤内臓器にも感染します。クロストリジウム属細菌は通常、出産後または非無菌状態で行われた中絶後に子宮に感染します。

クロストリジウム属細菌による腹腔内および骨盤内感染症は重篤で、ときに死に至ります。クロストリジウム属細菌は大量のガスを生成し、感染した組織に泡や水疱を形成することがあります。多くの場合、感染によって細い血管が塞がれ、感染した組織が死滅して ガス壊疽 ガス壊疽 ガス壊疽(えそ)は、嫌気性細菌であるウェルシュ菌 Clostridium perfringensをはじめとするクロストリジウム属の細菌によって筋肉組織に起こる、生命を脅かす感染症です。 ガス壊疽は特定の手術を受けた後やけがをした後に発生することがあります。 気泡を伴う水疱が感染部位の周辺に発生するとともに、発熱や心拍数と呼吸数の増加がみられ、感染部位はしばしば痛みを伴います。... さらに読む に至ります。

症状は痛みや発熱などです。腹部に触れると圧痛があります。子宮に感染した場合、腟から悪臭を放つ血液の混じった分泌物が出ることがあります。

クロストリジウム属細菌による腹腔内および骨盤内感染症を診断するため、医師は血液または感染組織のサンプルを採取します。それらのサンプルは検査室に送られ、細菌がいれば増殖させて種類を特定する検査(培養検査)が行われます。X線検査を行って、クロストリジウム属細菌によって生成されたガスがないか確認することもあります。

クロストリジウム属細菌による腹腔内および骨盤内感染症の治療では、感染した組織や壊死した組織を除去する手術(デブリドマンと呼ばれます)が行われます。ペニシリンなどの抗菌薬が少なくとも1週間投与されます。臓器(子宮など)がひどく感染している場合、その臓器が除去されることもあります。そのような治療によって命が助かることがあります。

クロストリジウム壊死性腸炎

クロストリジウム壊死性腸炎は、英語ではenteritis necroticansまたはpigbelとも呼ばれます。この感染症はウェルシュ菌 Clostridium perfringensによって引き起こされ、典型的には小腸(主に空腸)が侵されます。感染症の重症度は軽度から重度まで様々で、すぐに治療しなければ死に至ることがあります。このまれな感染症は、ニューギニアの奥地、アフリカの一部、中南米の一部、アジアの一部など、低タンパク質食を摂取する地域で主に発生します。

クロストリジウム壊死性腸炎の診断は、便検査に基づいて下されます。

クロストリジウム壊死性腸炎の治療は、抗菌薬によります。非常に重症の感染症の場合は、手術が必要になることがあります。

好中球減少性腸炎(typhlitis)は、同様の生命を脅かす症候群で、白血球数が少ない人(例えば、白血病の人やがんの化学療法を受けている人)の大腸の開始部(盲腸)に発生します。

新生児壊死性腸炎は、体重が約1500グラム未満の早産児に主にみられ、クロストリジウム属細菌によって引き起こされることがあります。

血液中のクロストリジウム属細菌

クロストリジウム属の細菌は血液中に広がる場合もあります(菌血症 菌血症 菌血症とは血流に細菌が存在する状態をいいます。 菌血症は、日常的な行為(激しい歯磨きなど)、歯科的または医学的処置、あるいは感染症( 肺炎や 尿路感染症)が原因となります。 人工関節や人工心臓弁を使用している人や心臓弁に異常がある人では、菌血症が長引くリスクや菌血症で症状が生じるリスクが高まります。 菌血症では通常、症状はみられませんが、ときに特定の組織や臓器に細菌が増殖して、重篤な感染症を引き起こすことがあります。... さらに読む )。菌血症が広範囲に及ぶと(敗血症 敗血症と敗血症性ショック 敗血症は、 菌血症やほかの感染症に対する重篤な全身性の反応に加え、体の重要な器官(臓器)の機能不全が起こる病態です。敗血症性ショックは、敗血症によって生命を脅かす低血圧( ショック)および臓器不全が引き起こされている病態です。 通常、敗血症は特定の細菌に感染することで起こり、病院内で感染する細菌で多くみられます。 免疫系の機能低下、特定の慢性疾患、人工関節や人工心臓弁の使用、特定の心臓弁の異常といった特定の条件下ではそのリスクが高くなり... さらに読む )、低血圧、黄疸、貧血などの重篤な症状や発熱の原因となります。クロストリジウム感染症に続いて敗血症が起こり、即座に死に至る場合があります。

クロストリジウム属細菌による敗血症の診断では、血液のサンプルを採取します。それらのサンプルは検査室に送られ、細菌がいれば増殖させて種類を特定する検査(培養検査)が行われます。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP