Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

腸球菌感染症

執筆者:

Larry M. Bush

, MD, FACP, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

腸球菌感染症は、一群のグラム陽性細菌(腸球菌)が引き起こす病気です。腸球菌は通常、健康な人の腸に存在していますが、ときに感染症を引き起こします。

細菌の概要も参照のこと。)

腸球菌には17以上の菌種があり、その多くは腸管内に常在し、普段は病気を引き起こしません。常在菌叢と呼ばれるこれらの細菌は、特定の状況下でのみ(例えば体の他の部位に侵入したとき)病気を引き起こします。

エンテロコッカス・フェカーリス Enterococcus faecalisとエンテロコッカス・フェシウム Enterococcus faeciumは、人間の感染症を引き起こすことが最も多い菌種です。

腸球菌は主に以下の病気を引き起こします。

症状は感染した部位によって異なります。

医師は抗菌薬を投与し、膿瘍から膿を排出します。特定の菌株の腸球菌は多くの抗菌薬に対する耐性をもつため、治療が難しい場合があります。バンコマイシンに対する耐性をもつ菌株は、特に厄介です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP