Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ノカルジア症

執筆者:

Larry M. Bush

, MD, FACP, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

ノカルジア症は、グラム陽性細菌であるノカルジア属 Nocardiaの細菌によって引き起こされる(通常、肺の)感染症です。

  • ノカルジア属 Nocardiaの細菌は、吸い込まれると肺に感染することがあり、切り傷やすり傷を介して皮膚に入ると皮膚に感染することがあります。

  • 症状は、細菌が肺に感染したか(通常、せき、発熱、悪寒、胸痛、脱力感、食欲不振を引き起こします)、または皮膚に感染したか(膿瘍が形成され、皮膚の表面に排出されることがあります)によって異なります。

  • ノカルジア症の診断には、医師は感染した組織のサンプルを顕微鏡で観察するか、サンプルを研究室に送って培養させます。

  • ノカルジア症は少なくとも1つの抗菌薬で治療されます。

細菌の概要も参照のこと。)

数種類のノカルジア属 Nocardiaの細菌が人に感染します。ノカルジア・アステロイデス Nocardia asteroidesは通常、肺や体全体の感染症を引き起こします。別の種は、通常皮膚感染症を引き起こし、熱帯地域に住んでいる人に特によくみられます。

感染は以下のようにして起こります。

  • ノカルジア属 Nocardiaの細菌を含む粉塵を吸い込み、肺感染症になる

  • 細菌を含む土壌または水が切り傷やすり傷を介して皮膚に入り、皮膚感染症になる

ノカルジア症が人から人に伝染することはまれです。

ノカルジア属 Nocardiaの細菌は、近くの組織はもちろん、血流を介してどのような臓器にでも広がる可能性があります。脳、皮膚、腎臓、骨、または筋肉への感染が特によくみられます。感染した臓器に膿瘍(内部に膿がたまった空洞)ができることがあります。

ノカルジア症は、世界中であらゆる年齢の人に発生していますが、高齢者(特に男性)や、免疫機能が低下している人により多くみられます。免疫機能を低下させる以下の条件のいずれかを満たす場合、ノカルジア症を発症するリスクが高くなります。

ノカルジア症は、免疫機能が低下した人に発生するため、日和見感染症とみなされます。しかし、ノカルジア症の患者の約半数には、リスクを高める病気や条件がありません。

米国では、推定で毎年500~1000人がノカルジア症を新たに発症しています。

症状

ノカルジア症の症状はすぐになくなる(急性)こともあれば慢性化することもあります。

肺の感染症

肺に感染すると、通常は、せき、発熱、悪寒、胸痛、脱力感、食欲不振、体重減少などの症状がみられます。

皮膚感染症

皮膚に感染すると、皮膚または皮下組織にしばしば膿瘍が形成されます。病変部の皮膚は硬く、赤く、温かく、触ると痛みを伴うことがあります。膿を含むしこりが皮下に形成され、皮下またはリンパ管を介して広がることがあります。しこりと皮膚の間に通路が形成され、膿がそれを通って皮膚の表面に排出されることがあります。

脳感染症

ノカルジア症の患者の最大半数では、感染が脳に広がり、膿のたまり(膿瘍)が形成されます。脳膿瘍は、重度の頭痛や脱力感、錯乱、けいれん発作などの症状を引き起こします。

診断

  • 顕微鏡での観察または培養検査

医師は、感染組織のサンプルを顕微鏡で観察してノカルジア属 Nocardiaの細菌を特定することにより、ノカルジア症を診断できます。あるいは、感染した組織のサンプルを検査室に送り、サンプル中のノカルジア属 Nocardia細菌を増殖(培養)させて特定することができます。医師は、身体診察の際、またはX線検査もしくは他の画像検査により感染組織の部位を特定します。

ノカルジア菌属 Nocardiaの細菌が特定されたら、その菌に効果を示す抗菌薬を調べる検査(感受性試験)を行います。

治療

  • 抗菌薬

ノカルジア症は、少なくとも1つの抗菌薬により数カ月以上治療を行います。しばしば、トリメトプリム/スルファメトキサゾールが用いられます。免疫機能が低下しているか、感染が広がっている場合は、2つ目の抗菌薬を使用する必要があります。医師は検査結果が分かる前に治療を開始します。抗菌薬は、感受性試験の結果に基づいて後で調整されることがあります。

肺のノカルジア症や全身に広がったノカルジア症は通常、治療を行わなければ死に至ります。適切な治療を行えば、免疫機能が正常な人(特に感染が肺に限局する場合)の死亡リスクは約10%です。しかし、治療を行っても、免疫機能が低下している人は半数以上が死亡します。

皮膚感染症は、抗菌薬による治療後にほとんどが治ります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP