Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

エリジペロスリックス症

執筆者:

Larry M. Bush

, MD, FACP, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

エリジペロスリックス症は、豚丹毒菌 Erysipelothrix rhusiopathiaeというグラム陽性細菌によって引き起こされる皮膚感染症です。

  • 感染した動物由来の物質を扱う際に刺し傷やすり傷ができると、そこから感染します。

  • エリジペロスリックス症になると、赤紫色の硬い病変が現れ、その部分にそう痒、灼熱感、腫れなどがみられます。

  • 医師は感染組織のサンプルの培養検査に基づいてエリジペロスリックス症を診断します。

  • この感染症の治療には抗菌薬が効果的です。

細菌の概要も参照のこと。)

エリジペロスリックス属 Erysipelothrixの細菌は、世界各地に広く存在し、昆虫、貝、魚、鳥、哺乳類(特にブタ)など、様々な動物に感染することがあります。感染した動物の体(死骸や魚など)を扱う際に刺し傷やすり傷ができると、そこから感染します。食肉解体業者、農業従事者、調理師、漁師などでは、感染リスクが上がります。

感染したネコやイヌに咬まれて感染することもあります。

症状

感染部位は赤紫に変色し、硬くなります。かゆみや灼熱感が出たり、腫れたりすることもあります。腫れのため、手が使いにくくなることがあります。ときに付近のリンパ節が腫れます。症状は3週間にわたり続くことがあります。

まれに、エリジペロスリックス症が血流を介して広がり、関節や心臓弁に感染します。

診断

  • 感染組織のサンプルの培養検査やその他の検査

エリジペロスリックス症を診断するために、医師は感染した皮膚から組織のサンプルを採取して検査室に送り、サンプル中の細菌を増殖させて種類を特定する検査(培養検査)を行います。関節や心臓弁の感染が疑われる場合は、関節液や血液のサンプルを採取して細菌を調べます。医師は、サンプルにポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法を用いて細菌の遺伝物質(DNA)の量を増幅させることもあります。この方法は、細菌をより早く検出するのに有用です。

治療

  • 抗菌薬

エリジペロスリックス症が皮膚に限局していれば、医師は通常、ペニシリン、アンピシリン、シプロフロキサシン、クリンダマイシンなどの抗菌薬を経口で1週間投与します。

感染が皮膚以外にも広がっている場合は、より長期にわたって静脈から抗菌薬を注入します。

心臓弁に感染が及んでいる場合、多くは人工弁に取り替える必要があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP