Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

大腸菌(Escherichia coli)感染症

(大腸菌)

執筆者:

Larry M. Bush

, MD, FACP, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University

最終査読/改訂年月 2020年 2月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
概要
本ページのリソース
  • 汚染された食べものを食べたり、感染した動物に触ったり、プールの汚染された水を飲み込んだりして、腸内で大腸菌による感染症が発生します。

  • 腸管の感染症は、ときに重度または出血を伴う下痢や腹痛を引き起こすことがあります。

  • 消化管以外の大腸菌感染症や腸管の感染症の大半は抗菌薬で効果的に治療できますが、特定の菌株の大腸菌によって引き起こされた腸の感染症の治療には抗菌薬は使用されません。

健康な人の消化管には数種類(菌株)の大腸菌 E. coliが常在しています。しかし、一部の菌株の大腸菌 E. coliは、いくつかの遺伝子を獲得したことで感染症を引き起こすようになっています。

大腸菌 E. coliによる最も一般的な感染症は以下のものです。

大腸菌 E. coliは女性の膀胱に起こる感染症の最も一般的な原因です。

大腸菌 E. coliを原因とするその他の感染症には以下のものがあります。

大腸菌 E. coliによる消化管外の感染症の多くは、衰弱している患者や医療施設に入院している患者、抗菌薬を投与されている患者に発生します。

大腸菌 E. coli O157:H7感染症

特定の菌株の大腸菌 E. coliは毒素を作り出し、大腸に損傷を与え重度の炎症(大腸炎)を引き起こします。こうした菌株のうち、北米では大腸菌 E. coli O157:H7が最も一般的ですが、そのほかにも100以上の菌株が存在します。これらの菌株は腸管出血性大腸菌 E. coliと総称されることがあります。

通常は、以下の行動をとることでこの菌株に感染します。

  • 汚染された牛ひき肉を十分に加熱調理せず食べたり、無殺菌の牛乳を飲んだりする(最も一般的な原因の1つ)

  • 消化管に細菌を保持する動物をなでたり触ったりする

  • 汚染水で洗った食べもの、または、家畜肥料によって汚染されている食べもの(サラダなど、そのまま食べるもの)を食べる

  • 感染者の便により汚染されたプールで、十分に塩素処理されていない水を飲み込む

衛生状態が十分でないと、大腸菌は人から人に(特におむつを付けている乳児の間で)容易に広がります。

大腸菌 E. coli O157:H7感染症はどの年齢層にも起こりますが、重症感染症は小児と高齢者で最も多くみられます。

症状

大腸菌 E. coliによる症状は、感染症を引き起こしている大腸菌 E. coliの種類と侵された部位により異なります。

知っていますか?

  • 大腸菌 E. coliは女性の膀胱に起こる感染症の最も一般的な原因です。

旅行者下痢症

大腸菌 E. coli O157:H7

大腸菌 E. coli O157:H7などの腸管出血性大腸菌 E. coliによる感染症は、典型的な腹部の強いけいれん痛と水様性の下痢 成人の下痢 下痢は、便の量や水分、排便回数が増加することです。(小児の下痢も参照のこと。) 排便回数が多いだけでは、下痢を決定づける特徴とはいえません。正常な状態で1日に3~5回排便する人もいます。野菜に含まれる食物繊維をたくさん食べる人は、1日に約500グラム以上の便を排泄することがありますが、この場合の便はよく固まっていて、水様便ではありません。下痢になると腸内ガス、腹部けいれん、便意の切迫を伴うことが多く、下痢が感染性微生物や有害物質によって... さらに読む で始まり、24時間以内に便に血液が混じることがあります。(この病態は出血性大腸炎と呼ばれることもあります。)通常、1日のうちに何度も重度の腹痛と下痢が起こります。また、しばしば便意を感じながら排便できないことがあります。ほとんどの人では発熱はみられません。

感染は容易に広がるため、感染者を入院させ、隔離する必要があります。

下痢は85%の患者で自然に治まり、特に問題が起きなければ、通常は1~8日のうちに消失します。ただし、大腸菌 E. coli O157:H7感染症は非常に重症であることが多く、下痢が軽快するにつれて重篤な問題(溶血性尿毒症症候群など)をもたらす可能性があります。

溶血性尿毒症症候群 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)と溶血性尿毒症症候群(HUS) 血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)と溶血性尿毒症症候群(HUS)は、全身に小さな血栓ができて、脳、心臓、腎臓などの重要臓器への血液の流れを妨げる重度で重篤な病気です。 症状は血栓ができた場所に関係します。 診断は症状と血液検査に基づいて行います。 血栓性血小板減少性紫斑病の治療は、血漿交換とコルチコステロイドの投与によって行います。 溶血性尿毒症症候群の治療では、重要な身体機能の補助と場合により血液透析を行うことがあり、少数ですがエクリ... さらに読む は、症状が始まって1週間ほどが経過した後に約5~10%の人(主に5歳未満の小児と60歳以上の成人)で発生する合併症です。この症候群では、赤血球が破壊され(溶血)、腎不全 腎不全の概要 腎不全とは、血液をろ過して老廃物を取り除く腎臓の機能が十分に働かなくなった状態のことです。 腎不全の原因としては、様々なものが考えられます。腎機能が急激に低下する場合(急性腎障害、急性腎不全とも呼ばれます)もあれば、ゆっくりと低下していく場合(慢性腎臓病、慢性腎不全とも呼ばれます)もあります。腎不全になると、腎臓は血液をろ過して老廃物(ク... さらに読む が起き、血液中に有害物質が蓄積します(尿毒症)。この合併症は、小児における慢性腎臓病の一般的な原因の1つになっています。

溶血性尿毒症症候群を発症しているかどうかにかかわらず、大腸菌 E. coli O157:H7感染症は死に至ることがあり、特に高齢者ではリスクが高まります。

診断

  • 感染組織のサンプルの培養検査

血液、便、ときに尿などの感染物質のサンプルを採取し、検査室で細菌を増殖させる検査(培養検査)を行います。サンプル中でこの細菌が特定されれば、診断が確定されます。

大腸菌 E. coli O157:H7が疑われる場合、医師は便検査を行い、細菌が作り出す志賀毒素を調べます。この検査はすぐに結果が出ます。

大腸菌 E. coli O157:H7が検出された場合は、溶血性尿毒症症候群の有無を調べるために頻繁に血液検査を行う必要があります。

予防

大腸菌 E. coli O157:H7感染症を予防するには、以下のことを行います。

  • 無殺菌の牛乳や無殺菌の牛乳から作られた乳製品の摂取を控える

  • 肉は完全に加熱する

  • トイレの使用、おむつの交換、動物または動物がいる環境との接触後、そして食事の準備または食事の前後には、石けんでよく手を洗う

  • 湖、池、河川、またはプールで泳いだり遊んだりするときに水を飲み込まない

米国では、食肉加工法の改良が大腸菌による食肉汚染の発生率低下に役立っています。

託児所での感染の蔓延を防ぐため、スタッフは、感染していることが分かっている子どもたちをグループにすることがあります。あるいは、感染した子どもの復帰を許可する前に、感染がなくなったこと(2回の便培養で結果が陰性であること)の証明を求めることがあります。

治療

  • 感染症の種類に応じた各種の治療

  • 旅行者下痢症にはロペラミドとときに抗菌薬

  • 大腸菌 E. coli O157:H7による下痢には輸液

  • 他の多くの感染症には抗菌薬

大腸菌(E. coli)感染症の治療法は以下の要因に応じて異なります。

  • 感染症の発生部位

  • 重症度

  • 原因となっている大腸菌 E. coliの種類

例えば、感染症によって膿瘍が発生した場合は、手術で膿を排出します。

旅行者下痢症

旅行者下痢症の人は十分な水分を摂取するべきです。

腸内の食べものの移動を遅らせ、下痢を緩和するためにロペラミドが使用されます。この薬は、発熱や血便のある人、また2歳未満の小児には使用されません。

中等度から重度の下痢には、症状をより早く止めるために、通常は抗菌薬(アジスロマイシン、シプロフロキサシン、リファキシミンなど)が使用されます。次サリチル酸ビスマスも効果的な場合があります。下痢が軽度であれば、抗菌薬は通常不要です。

下痢が発熱を伴っているか血便が出ている場合は、医師の診察を受ける必要があります。

大腸菌 E. coli O157:H7による下痢

大腸菌 E. coliO157:H7による下痢では、多くの患者で塩分を含んだ溶液を静脈内に投与(輸液)する必要があります。

この感染症に対しては、ロペラミドや抗菌薬は処方されません。抗菌薬が下痢を悪化させることで、溶血性尿毒症症候群のリスクが増すためです。

その他の大腸菌( E. coli )感染症

大腸菌 E. coliによる感染症としては、ほかにも膀胱や他の尿路感染症 尿路感染症(UTI)の概要 健康な人では、膀胱の中にある尿は無菌(細菌などの感染性の微生物が存在しない状態)です。尿が膀胱から体外へと排出されるまでの通路(尿道)にも、感染症を引き起こす細菌はほとんど存在していません。しかし、尿路のどの部分にも感染が起こる可能性はあり、尿路で発生した感染症は尿路感染症(UTI)と呼ばれています。... さらに読む など多くのものがありますが、それらの治療にはトリメトプリム/スルファメトキサゾール、ニトロフラントイン、フルオロキノロン系などの抗菌薬が使用されます。しかし、多くの細菌(特に医療施設で感染したもの)が、一部の抗菌薬に対する耐性をもっています。抗菌薬が効果的に作用する可能性を高めるために、効果的な抗菌薬の種類が試験で確認できるまで、複数の抗菌薬を同時に使用する場合もあります。医師は試験の結果を見て、必要に応じて投与する抗菌薬を変更します。

より重篤な感染症に対しては、様々な細菌に対して効果的な抗菌薬(広域抗菌薬)を使用します。

さらなる情報

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP