Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

レジオネラ( Legionella )感染症

(レジオネラ症)

執筆者:

Larry M. Bush

, MD, FACP, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

レジオネラ(Legionella)感染症は、レジオネラ・ニューモフィラ Legionella pneumophilaというグラム陰性細菌によって引き起こされる感染症で、たいていは肺が侵され、肺炎やインフルエンザ様症状がみられます。

  • 汚染された水がシャワーやエアコンから飛び散り、その飛沫を吸い込むことで感染することがよくあります。

  • 症状には、発熱、悪寒、筋肉痛、呼吸困難、呼吸時の痛みがあります。

  • 医師はたん、肺から採取した体液、尿のサンプルを分析し、この感染症を特定します。

  • レジオネラ症の治療には、フルオロキノロン系などの抗菌薬が効果的です。

細菌の概要も参照のこと。)

1976年に米国ペンシルバニア州のフィラデルフィアで開催された米国在郷軍人会(American Legion)の集会において、死亡例を含む大規模な肺炎の集団発生が起こり、このときに初めてレジオネラ Legionellaによる感染症が確認されました。そのため、この感染症は在郷軍人病とも呼ばれました。

以下の要因は、レジオネラ Legionella)感染症にかかるリスクを高めます。

レジオネラ Legionellaは土壌中や空気中にしばしば存在します。この細菌を含む淡水が建物の配管に入ることがあります。そのため、レジオネラ Legionellaの流行は、しばしば建物の水道水から始まります。その場合、通常はシャワーや噴霧器、泡風呂、空調用の水冷却塔から汚染された水が出て、人間がその飛沫を吸い込み感染します。

レジオネラ症は人から人には伝染しません。

レジオネラ Legionellaは通常は肺に感染し、レジオネラ症を引き起こします。

しかし、ときに上気道だけを侵し、肺炎を引き起こさないこともあります。この感染症はポンティアック熱と呼ばれ、レジオネラ症よりも軽い病気です。

まれに、この種の細菌が他の部位に感染することがあり、主に免疫機能が低下している人や重篤な病気がある人にみられます。この場合に最もよく感染がみられる部位は心臓ですが、脳や脊髄、肝臓、脾臓、リンパ節、腸に感染することもあります。

症状

レジオネラ症の症状はインフルエンザに似ています。発熱、悪寒、全身のだるさ、筋肉痛、頭痛、錯乱がみられます。その他の症状として、吐き気、軟便、水様性下痢、腹痛、せき、関節痛などが起こります。呼吸が困難になる場合や、呼吸すると痛みを伴う場合もあります。せきとともに血を吐くこともあります。

この病気以外に問題がなければ、治療を受けた患者のほとんどが回復します。しかし、以下のような特徴がある人では、死亡のリスクが高くなります。

  • 病院内でこの細菌に感染した場合(最大で感染者の半数が死亡)

  • 高齢である場合

  • 免疫機能が低下している場合

治療しなければ、レジオネラ症の人の約5~40%が死亡します。

ポンティアック熱の患者には、発熱、頭痛、筋肉痛がみられますが、せきやその他の呼吸器症状はみられません。症状は約1週間で自然に治ります。

診断

  • たんや肺から採取した体液のサンプルを培養して分析する検査

  • ときに尿検査

この感染症の診断を下すには、たんや肺の体液のサンプルを採取して、検査室で細菌を増殖させて種類を特定する検査(培養検査)を行います。ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査を行うこともあります。これは細菌のDNAを増幅させることで、細菌を特定しやすくする検査法です。

尿のサンプルを検査して、この細菌が作り出す特殊な物質(抗原)が含まれていないか調べることもあります。これらの検査では検出できない種類のレジオネラ属 Legionella細菌もありますが、感染を引き起こす種類の菌はほとんどを見つけることができます。

肺炎を起こしていないかどうか、胸部X線検査で調べます。

治療

  • 抗菌薬

レジオネラ症の患者には抗菌薬を投与する必要があります。通常は、レボフロキサシンやモキシフロキサシンなどのフルオロキノロン系薬剤を7~14日間にわたり静脈内または経口投与で使用しますが、免疫機能が著しく低下している人には、最長で3週間投与を続けることもあります。ほかに効果的な抗菌薬としては、アジスロマイシン、クラリスロマイシン、ドキシサイクリンなどがあります。

ポンティアック熱の患者に抗菌薬は必要ありません。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP