Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

シュードモナス( Pseudomonas )感染症

執筆者:

Larry M. Bush

, MD, FACP, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University

最終査読/改訂年月 2020年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

グラム陰性細菌であるシュードモナス属 Pseudomonasの細菌(どの菌種もそうですが、とりわけ緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa)は、体の様々な部分に感染することがあり、重篤な病気がある人や入院患者で特によくみられます。

  • 体の外側にみられる軽度のもの(耳や毛包への感染)から、体内で起こる重篤なもの(肺、血液、心臓弁への感染)まで、様々な感染症があります。

  • 症状は感染部位によって異なります。

  • 感染組織から採取したサンプル中でこの細菌が特定されれば、診断が確定します。

  • 体の表面で起きた感染症には外用の抗菌薬を使用し、体内の重篤な感染症の場合は抗菌薬を静脈内に投与します。

細菌の概要も参照のこと。)

緑膿菌 Pseudomonas aeruginosaなどのシュードモナス属 Pseudomonas細菌は、世界中の土壌中や水中に存在します。これらの細菌は台所のシンク、トイレ、塩素消毒が不十分なプール、浴槽の中など湿った場所を好み、古い消毒薬や活性の十分でない消毒薬では死滅しません。健康な人のわきの下や陰部にこの種の細菌が住み着いている場合もあります。

緑膿菌 Pseudomonas aeruginosaによる感染症には、軽い皮膚感染症から生命を脅かす病気まで、様々なものがあります。以下に該当する人では感染が起こりやすく、また重症化する傾向があります。

  • 特定の重度の病気によって体が弱っている場合

  • 糖尿病または嚢胞性線維症がある場合

  • 入院している場合

  • ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症など、免疫機能を低下させる病気がある場合

  • がんの治療や臓器移植による拒絶反応を抑えるために免疫機能を抑制する薬が投与されている場合

これらの細菌は血液、皮膚、骨、耳、眼、尿路、心臓弁、肺に感染し、また傷口(熱傷、外傷、手術によってできた傷など)にも感染します。膀胱や静脈に挿入されたカテーテル、呼吸用のチューブ、人工呼吸器などの医療器具の使用は、緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)感染のリスクを高めます。こうした感染症は病院内でよく起こります。病院内では、シンクや消毒液内、または膀胱カテーテルから尿を集める容器内で、しばしばこの細菌が見つかります。

症状

緑膿菌 Pseudomonas aeruginosaは多くの感染症を引き起こします。

スイマーズイヤー(水泳耳)」は外耳炎で、健康な人でも起こる軽度の感染症です。細菌を含んだ水が水泳中に耳に入り込みます。スイマーズイヤーではかゆみと痛みが生じ、耳から分泌物が出ることもあります。

悪性外耳炎は、より重度の外耳の感染症です。糖尿病患者に多くみられます。組織の腫れと炎症が起こり、部分的に、または完全に外耳道がふさがれます。症状としては、発熱、聴力低下、感染部位周辺の組織の炎症、重度の耳の痛み、悪臭を放つ耳だれ、神経損傷などがあります。

温浴毛包炎は、また別の軽度の感染症です。温浴やジェットバスの入浴をする人で毛根(毛包)に感染が起こりますが、特に浴槽やジェットバスが十分に塩素処理されていない場合に多くみられます。長い時間水に入ることで毛包が柔らかくなり、細菌が侵入しやすくなります。かゆみを伴う小さな吹き出物が集まった発疹ができ、その中心から膿が出てくる場合もあります。

壊疽性膿瘡(えそせいのうそう)は皮膚の潰瘍で、白血球が非常に少なくなっている好中球減少症の場合に起こります。この潰瘍は濃い紫色の中心を赤い帯が囲んでいます。通常はわきの下や陰部など、湿り気のある部位に生じます。

眼の感染症がこの細菌によって生じると、角膜に損傷が起こることがあり、しばしば永続的な損傷となります。細菌が作り出す酵素によって眼の組織が急激に侵されることが、その原因です。感染は通常はけがによって起こりますが、コンタクトレンズやコンタクトレンズ用薬液の汚染が元で感染する場合もあります。

軟部組織感染は、筋肉、腱、靱帯、脂肪、皮膚に起こります。深い刺し傷(例えば、釘を踏み付けたような)からも、感染症が起こります。褥瘡(床ずれ)、熱傷(やけど)、外傷や手術による傷でシュードモナス属 Pseudomonas細菌に感染することもあります。汚れた包帯などで細菌の増殖が起これば、その部分が緑色に変わり、刈り取り直後の雑草の匂いがします。傷から排出された液体は、たいてい甘い果物のような匂いを放ちます。

重度の肺炎が入院患者に起こる場合があり、特に呼吸用のチューブや人工呼吸器を使用している場合にみられます。HIVに感染している人には、シュードモナス属 Pseudomonasの細菌による肺炎や副鼻腔感染症がよく起こります。

尿路感染症は通常、以下の状況で発生します。

  • 尿路に影響が及ぶ手術が行われた後

  • 尿路が閉塞している場合

  • カテーテルを膀胱内に長時間留置する必要がある場合

血流感染症(菌血症は次の場合に起こることがあります。

  • 感染した臓器(尿路など)から細菌が血流へ侵入した場合

  • 汚染された違法薬物が静脈に注射された場合

  • 汚染された針やシリンジを使用して違法薬物が注射された場合

  • 血管内にカテーテル(血管内カテーテルと呼ばれる)が留置されている場合

がんの化学療法で白血球が非常に少なくなっている場合などに、細菌の侵入経路がはっきりしないことがあります。縁が赤くなった暗紫色の斑点(壊疽性膿瘡)が、わきの下と鼠径部の皮膚に現れることもあります。治療しなければ、血流感染症からショック状態になり、死に至ることもあります。

骨と関節への感染症は通常、脊椎、恥骨、または胸鎖関節(鎖骨と胸骨の間の関節)で起こります。細菌は通常は血流から骨や関節に広がり、これは特に違法薬物を静脈に注射している人に起こります。それよりは少ないものの、外傷や手術の後、近隣の軟部組織から骨や関節に感染が広がることもあります。

心臓弁への感染はまれです。こうした感染は通常、静脈内注射薬の投与を受けている人や、人工心臓弁を使用している人に起こります。通常は、細菌が血流に運ばれて心臓弁に感染します。

診断

  • 血液や他の体液のサンプルの培養検査

緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)感染症の診断は、血液などの体液を採取して検査室に送り、そこで細菌を増殖させて種類を特定する検査(培養検査)を行うことで下されます。

効果的である可能性が高い抗菌薬を判断するための検査(感受性試験)が行われます。

治療

  • 感染の場所に応じて、通常は抗菌薬を皮膚に塗るか、服用するか、静脈内に投与する

スイマーズイヤーは、水泳の前後に酢酸の溶液(酢)で耳を洗浄することで、予防と効果的な治療が可能です。または、ポリミキシンなどの外用抗菌薬を耳に使用して感染症を治療することができます。

温浴毛包炎は、通常は治療しなくても自然に治ります。

眼の感染症には、高濃度の点眼用抗菌薬を使用し、治療初期には頻繁に点眼を行います。抗菌薬を眼球に直接注射する場合もあります。

尿路感染症で症状がみられる場合は、経口のレボフロキサシンやシプロフロキサシンで治療することができます。この種の感染症で症状がみられない場合は、通常は治療は行われません。

重篤な感染症の原因が緑膿菌 Pseudomonas aeruginosaである場合には、治療が困難になります。悪性外耳炎、体内の感染症(肺炎や心臓弁の感染症)、および血液の感染症に対しては、何週間にもわたって抗菌薬が静脈内投与されます。通常は何らかの抗菌薬、例えばセフタジジムやシプロフロキサシンが効果的です。しかし、複数の抗菌薬を組み合わせなければならない場合もあり、これは、医療施設内で生息している細菌をはじめとして、多くの菌株が様々な抗菌薬に対する耐性をもっているためです。医師はまず、その地域内で通常効果がみられる抗菌薬を選択します。どの抗菌薬が効きやすいかを調べる試験の結果をみて、薬の組合せを変更する場合もあります。

心臓弁の感染症には、通常は心臓弁を取り替える開心術(心臓を切開する手術)と抗菌薬療法がともに必要です( 心臓弁の置換手術)。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP