Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

クレブシエラ属 Klebsiella 、エンテロバクター属 Enterobacter 、セラチア属 Serratia 細菌による感染症

執筆者:

Larry M. Bush

, MD, FACP, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

クレブシエラ属 Klebsiella、エンテロバクター属 Enterobacter、セラチア属 Serratiaの細菌は、互いに近い関係にあるグラム陰性細菌で、ときに病院や長期療養施設で尿路感染症や気道感染症を引き起こすことがあります。

  • これらの細菌は尿路や気道、薬の投与や輸液に使用される静脈用のカテーテル、熱傷(やけど)、手術によってできた傷、または血液に感染します。

  • 血液や感染組織のサンプル中でこの細菌が特定されれば、診断が確定します。

  • 医療施設外(市中)で感染が起きた場合は抗菌薬で治療可能ですが、医療施設で感染が起きた場合は、細菌が抗菌薬に耐性をもっている可能性が高いため、治療が難しくなります。

細菌の概要も参照のこと。)

クレブシエラ属 Klebsiella、エンテロバクター属 Enterobacter、セラチア属 Serratiaの細菌は多くの健康な人の腸内に存在し、まれに感染症を引き起こします。しばしば病院や長期療養施設で、これらの細菌による感染症が発生することがあります。通常は、体の抵抗力が弱っている人や体内に医療器具(カテーテル、排液管、気管チューブなど)を入れている人が感染します。

これらの細菌は以下のように体の様々な部位に感染します。

まれに、クレブシエラ属 Klebsiellaの細菌は医療施設外(市中)で肺炎を引き起こすことがありますが、これは通常はアルコール依存症患者、高齢者、糖尿病患者、または免疫機能が低下している人に起こります。この重症感染症では、典型的にはせきと一緒に暗褐色や暗赤色のネバネバしたたんが出て、肺や胸膜(肺と胸壁の間にある膜)に、内部に膿がたまった空洞(膿瘍)ができます(膿胸)。

クレブシエラ属 Klebsiellaのある細菌は、抗菌薬が投与された後に大腸の炎症と出血(出血性大腸炎)を引き起こす場合があり、これは抗菌薬関連大腸炎と呼ばれます。抗菌薬によって腸内の常在細菌が死滅することで、クレブシエラ属 Klebsiellaの細菌が増殖できるようになり、毒素を作ります。しかし、抗菌薬関連大腸炎は、通常はクロストリジウム・ディフィシルが作り出す毒素によって引き起こされます。

診断

  • 感染組織のサンプルを観察して培養する検査

長期療養施設に入っている人や、感染の流行があった場所に居住している人など、感染リスクが高い人では、これらの細菌による感染症が疑われます。

診断を確定するために、たん、肺の分泌物(気管支鏡で採取)、血液、尿、または感染組織のサンプルを採取します。このサンプルをグラム染色液で染色して顕微鏡で観察する検査と培養検査を行います。これらの細菌はすぐに特定できます。

感染症の種類に応じてその他の検査も行われます。超音波検査、X線検査、CT検査などの画像検査が行われることもあります。

また、サンプル中で特定された細菌に対して、どの抗菌薬が効果的かを確認するための検査(感受性試験)が行われます。

治療

  • 抗菌薬の静脈内投与

クレブシエラ(Klebsiella)肺炎に市中感染した場合は、抗菌薬(通常はセファロスポリン系[セフトリアキソンなど]またはフルオロキノロン系[レボフロキサシンなど])を静脈内に投与します。

医療施設でこれら3種類の細菌による感染症が起こった場合、通常は細菌が複数の抗菌薬に対する耐性をもっているため、治療は難しくなります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP