Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

カンピロバクター( Campylobacter )感染症

執筆者:

Larry M. Bush

, MD, FACP, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

グラム陰性細菌であるカンピロバクター属のいくつかの細菌(最も多いのはカンピロバクター・ジェジュニ Campylobacter jejuni)は、消化管に感染し、しばしば下痢を引き起こします。

  • 汚染された食べものや飲みものの摂取や、感染した人または動物との接触によって感染が起こります。

  • 感染すると、下痢、腹痛、発熱が起こります。

  • 便のサンプル中でこの細菌が特定されれば、診断が確定します。

  • 失われた水分の補給で十分な場合もありますが、症状が重い場合は抗菌薬を使用します。

細菌の概要も参照のこと。)

カンピロバクター属 Campylobacterの細菌は、多くの家畜(ウシ、ヒツジ、ブタ、ニワトリなど)の消化管に常在しています。これらの動物の糞によって、湖や河川の水が汚染されている場合があります。これらの菌は肉類(通常は鶏肉)や無殺菌の牛乳にも混入している場合があります。この感染には次のような複数の経路があります。

  • 汚染された水(生水)、無殺菌の牛乳、加熱調理が不十分な肉類(通常は鶏肉)、または汚染された肉類を使用した台所で調理された食べものを摂取した場合

  • 汚染された食品や水と接触した場合(例えば、汚染された食品を扱うとき)

  • 感染者との接触があった場合(特に口と肛門の性的接触)

  • 感染した動物との接触があった場合

カンピロバクター属 Campylobacterの細菌(通常はカンピロバクター・ジェジュニ Campylobacter jejuni)は、大腸の炎症(大腸炎)を引き起こし、その結果として発熱や下痢がみられます。これらの細菌は、米国の人々や、食品や水が汚染されている可能性がある国に旅行する人の間でよく感染性の下痢症を引き起こしています。

症状

カンピロバクター(Campylobacter)感染症の症状は、通常は菌に接触した2~5日後に始まり、約1週間続きます。カンピロバクター Campylobacterによる大腸炎の症状には、下痢、腹痛、けいれんなどがあり、重症化する場合があります。下痢は出血を伴う場合があり、吐き気、嘔吐、頭痛、筋肉痛、38~40℃の発熱も起こります。

合併症

次のような合併症が起こります。

菌血症(血流感染症)は、大腸炎の患者に一時的に起こることがあります。この感染症では通常、症状や合併症はみられません。しかし少数ながら、血液に繰り返し、または継続的に感染を起こす人もいて、このような経過は通常、エイズや糖尿病、がんなど免疫機能を低下させる病気の患者にみられます。この感染症では、発熱が長期間続いたり繰り返し発生したりします。

血流によって感染が他の臓器に広がり、以下のような別の症状がみられる場合もあります。

ギラン-バレー症候群(神経の病気)は、カンピロバクター Campylobacterによる大腸炎の患者に約2000人に1人の割合で発生し、感染に抵抗するために体内で作られる抗体が神経も攻撃してしまうことで起こります。ギラン-バレー症候群は筋力低下や麻痺を引き起こします。ほとんどの場合は回復しますが、筋力が大きく低下することがあります。呼吸困難をきたし、人工呼吸器の使用が必要になる場合があります。筋力低下は完全に元に戻るとは限りません。ギラン-バレー症候群を発症する人の約25~40%が、カンピロバクター(Campylobacter)感染症にかかったことがあります。

反応性関節炎は、下痢が治まってから、数日から数週間後に起こることがあります。この病気は通常、膝、股関節、アキレス腱の炎症と痛みを引き起こします。

眼の炎症ぶどう膜炎)や尿道の炎症(排尿時に痛みを感じるようになります)が起こることもあります。

診断

  • 便のサンプルの培養検査

  • ときに、血液サンプルの培養検査

便のサンプルを採取し、検査室で細菌を増殖させて種類を特定する検査(培養検査)を行います。ただし、常に便サンプルの検査が行われるわけではありません。便サンプルの培養は完了までに数日間かかるうえ、通常は下痢の原因菌を特定しなくても効果的な治療が可能なためです。とはいえ、血性下痢(出血を伴う下痢)がみられる場合や患者が重篤な状態に見える場合は、通常は便の検査が行われます。便に含まれる細菌の遺伝物質を特定する技術が用いられることがあり、この方法では迅速に結果が得られます。

細菌が特定されたら、その菌に効果を示す抗菌薬を調べる検査(感受性試験)を行います。

血液や臓器への感染が疑われる場合は、血液サンプルを採取して培養検査を行います。

治療

  • 特別な治療法は通常なし

  • ときにアジスロマイシンなどの抗菌薬

多くの場合、特に治療をしなくても1週間程度で状態が改善します。

患者によっては、静脈または口からの水分補給が必要です。

高熱、出血を伴う下痢、重度の下痢がみられる場合や症状が悪化した場合には、アジスロマイシンを3日間、またはエリスロマイシンを5日間使用します。これらの薬は経口で使用されます。別の選択肢としてシプロフロキサシンがありますが、この抗菌薬に対する耐性菌が増加しているため、その使用には注意を要します。

感染が血液に及んでいる場合は、イミペネムやゲンタマイシンなどの抗菌薬を2~4週間使用します。最初に使用した抗菌薬は、感受性試験の結果に応じて調整することもあります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP