Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

コクシジオイデス症

(サンホアキン熱、渓谷熱)

執筆者:

Sanjay G. Revankar

, MD, Wayne State University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

コクシジオイデス症は、コクシジオイデス・イミティス Coccidioides immitisという真菌によって引き起こされる通常は肺の感染症です。

  • この感染症は真菌の胞子を吸い込むことで起こります。

  • 軽症であれば、肺の感染症でインフルエンザに似た症状が生じ、ときに息切れが起こる程度ですが、悪化して全身に広がり、様々な症状がみられる場合もあります。

  • 診断は、感染物質のサンプルに含まれる真菌を顕微鏡で観察するか培養し、その種類を特定することで確定できます。

  • 通常は抗真菌薬を6~12カ月投与しますが、投与を生涯続けなければならない場合もあります。

真菌感染症の概要も参照のこと。)

コクシジオイデス Coccidioidesの胞子は、米国南西部、カリフォルニア州のセントラル・バレー、メキシコ北部、中米とアルゼンチンの一部の土壌に存在しています。これらの地域に住んでいる女性の30~60%は、生涯のいずれかの時点でこの真菌にさらされます。米国で2016年に報告されたコクシジオイデス症の症例数は11,829例です。

農作業に従事する人や汚染された土壌に触れた人が、胞子を吸い込み感染するケースがほとんどです。旅行中に感染し、帰宅してから症状が出るケースもあります。

コクシジオイデス症には以下の2つの病型があります。

  • 軽症の肺感染症(急性原発性コクシジオイデス症):この感染症は治療をしなくても治ります。ほとんどの症例がこの病型です。

  • 重症で進行性の感染症(進行性コクシジオイデス症):肺から体全体に感染が広がり、しばしば死に至ります。

進行性コクシジオイデス症の危険因子

進行性コクシジオイデス症は、それ以外は健康な人では、まれにしかみられませんが、以下の人では発症する可能性が高くなります。

  • 免疫系を抑制する薬(免疫抑制薬)を使用している人

  • 高齢者

  • 妊娠後半または出産直後の女性

  • 特定の民族の人(リスクが高い順にフィリピン人、アフリカ系アメリカ人、アメリカ先住民、ヒスパニック系やアジア系の人)

症状

急性原発性コクシジオイデス症の患者は、その大半が無症状です。症状が出る場合は、感染後1~3週間経過してから生じます。症状は通常は軽く、しばしばインフルエンザに似ています。具体的には、せき、発熱、悪寒、胸痛などのほか、ときに息切れもみられます。せきでたんが出ることもあります。ときに、肺の感染症が重度の場合、肺に空洞ができ、喀血がみられることもあります。

一部の患者では、真菌に対するアレルギー反応が起こることがあり、そうなると関節痛、結膜炎、赤色または紫色の隆起した発疹や斑状の発疹(結節性紅斑)が生じる可能性があります。

進行性コクシジオイデス症は、最初に感染した後、数週間、数カ月、ときには数年も経過してから発症します。軽度の発熱、食欲減退、体重減少、筋力低下などの症状が出ます。肺の感染症が悪化することがありますが、これは通常、免疫機能が低下している人だけに限られます。息切れが強くなることがあり、ときにたんに血が混じることもあります。

コクシジオイデス症は、肺から皮膚、骨(骨髄炎が起きます)、関節、肝臓、脾臓(ひぞう)、腎臓、その他の組織に広がることもあります。感染が皮膚に広がった場合、1箇所または複数箇所にびらんができることがあります。ときに関節が腫れて痛みを伴います。深部感染により皮膚が破れ、その傷口から感染物質が排出されることもあります。

コクシジオイデス Coccidioidesは、脳や脳と脊髄を覆う組織(髄膜)にも感染する可能性があり、髄膜炎を引き起こします。この場合はしばしば慢性化し、頭痛、錯乱、平衡感覚の喪失、複視などの症状が出ます。髄膜炎は治療をしないと必ず死に至ります。

診断

  • 血液検査

  • 胸部X線検査

  • 血液や他の組織のサンプルを用いる観察、培養、試験

コクシジオイデス症の流行地域に住んでいた人や流行地域に最近旅行した人に症状がみられた場合、この病気が疑われることがあります。

通常は原因菌に対する抗体を検出する血液検査(血清学的検査)と胸部X線検査を行います。免疫系が正常な人では通常、コクシジオイデス症にかかっていると血液検査で抗体が検出されます。通常、胸部X線検査で特徴的な異常が示されます。これらの結果も診断の助けとなります。

尿に含まれる抗原(真菌から放出されるタンパク)を検出する検査も役立ちます。

しかし、真菌を特定して診断を確定するために、血液、たん、膿、その他の感染組織のサンプルを顕微鏡で観察したり、検査室で培養することもあります。コクシジオイデス Coccidioidesの培養検査には最長で3週間かかるため、医師は通常、血液検査と胸部X線検査の結果から診断を下します。

治療

  • 抗真菌薬

急性原発性コクシジオイデス症は、治療をしなくても自然に治るのが一般的で、通常は完全に回復します。しかし、コクシジオイデス症が広がる可能性がわずかにあるため、そうした患者も治療すべきと考える医師もいます。また、治療した方が症状が早く消えます。通常の治療では、フルコナゾールなどの抗真菌薬を3~6カ月使用します。

進行性コクシジオイデス症は治療しなければ死に至る病気で、特に免疫機能が低下している人は通常は死亡します。エイズ患者の約70%は、診断後1カ月以内に死亡します。軽度から中等度の進行性コクシジオイデス症には、フルコナゾールまたはイトラコナゾールを経口で投与します。あるいは、ボリコナゾールを経口または静脈内投与で、もしくはポサコナゾールを経口で使用することもあります。重度の場合には、アムホテリシンBの静脈内投与を行います。

髄膜炎が生じた場合は、フルコナゾールを投与します。コクシジオイデス症による髄膜炎を起こした人は、フルコナゾールを生涯にわたって服用しなければなりません。

薬物治療は、皮膚、骨、関節などの局所の感染症には効果的ですが、治療をやめると再発することがよくあります。通常、免疫機能が低下している患者は何年もの間、多くの場合は生涯にわたって薬を服用しなければなりません。

骨に感染した場合や感染により肺に空洞ができた場合は、手術が必要になることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP