Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

クリプトコッカス症

(欧州ブラストミセス症、トルローシス)

執筆者:

Sanjay G. Revankar

, MD, Wayne State University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

クリプトコッカス症は、クリプトコッカス・ネオフォルマンス Cryptococcus neoformansまたはクリプトコッカス・ガッティ Cryptococcus gattiiという真菌によって引き起こされる感染症です。

  • 症状が出ない場合もあれば、感染部位によって、頭痛や錯乱、せきや胸痛、または発疹が出ることがあります。

  • 診断は、組織と体液のサンプルを培養して観察する検査の結果に基づいて下されます。

  • 抗真菌薬を経口で投与しますが、重症の場合は静脈内投与を行います。

真菌感染症の概要も参照のこと。)

クリプトコッカス・ネオフォルマンス Cryptococcus neoformansは、鳥(特にハト)の糞で汚染されている土壌によくみられます。

クリプトコッカス Cryptococcusは世界中に存在していますが、エイズが流行し始めるまでは、この感染症は比較的まれでした。クリプトコッカス症はエイズ患者に最も一般的な、死に至る可能性がある真菌感染症です。

この真菌は免疫機能が低下している人に感染する傾向がありますが、以下の病気や条件がある人などがこれに該当します。

ただし、クリプトコッカス・ガッティ Cryptococcus gattiiによるクリプトコッカス症は、免疫機能が正常な人にもみられます。

通常、感染は真菌の胞子を吸い込むことで起こります。そのため、クリプトコッカス症は通常、肺を侵します。感染が脳と脊髄を覆う組織(髄膜)に広がって、髄膜炎を起こすことがよくあります。

クリプトコッカス症が皮膚のほか、骨、関節、肝臓、脾臓(ひぞう)、腎臓、前立腺などの他の組織に広がることもあります。皮膚の感染症を除き、これらの感染症では症状がほとんどまたは一切みられないのが通常です。

症状

クリプトコッカス症では通常、軽い漠然とした症状がみられます。その他の症状は以下のように、感染部位によって異なります。

  • 肺感染症:症状が出ない人もいますが、せきや胸痛がみられ、重症になると呼吸困難が起こることもあります。

  • 髄膜炎:頭痛、かすみ目、抑うつ、興奮、錯乱がみられます。

  • 皮膚感染症:隆起(膿で満たされていることもある)や破れた潰瘍の発疹ができます。

肺感染症で危険な状態になることはまれです。髄膜炎は生命を脅かします。

診断

  • 組織や体液のサンプルの培養と観察

クリプトコッカス症の診断を下すには、組織と体液のサンプルを採取して、顕微鏡での観察と培養検査を行います。腰椎穿刺を行って、髄液(脳と脊髄の周囲を流れている液体)のサンプルを採取します。

血液と髄液を検査して、クリプトコッカス Cryptococcusが放出する特定の物質の有無を調べることもあります。

さらにX線検査も行い、肺への感染の徴候の有無を調べることもあります。

治療

  • 抗真菌薬

通常、クリプトコッカス症の治療には、抗真菌薬を使用します。

免疫機能が正常な人

感染が肺の狭い範囲のみに限られ、症状が出ていなければ、通常は治療は不要です。ただし、クリプトコッカス症は必ず治療する方がよいとする医師もいます。フルコナゾールを経口で投与すると、この感染症の期間を短縮し、感染が広がるリスクを低下させることができます。

肺感染症で症状がみられる場合は、フルコナゾールを経口で6~12カ月投与します。

髄膜炎には、アムホテリシンBを静脈内に投与し、フルシトシンを経口で投与した後、数カ月にわたってフルコナゾールを経口で投与します。

皮膚感染症には、通常はフルコナゾールを経口で投与し、重症の場合はアムホテリシンBを静脈内に投与します。

免疫機能が低下している人

免疫機能が低下している人は、例外なく治療が必要です。

軽度から中等度の肺感染症は、フルコナゾールを経口で6~12カ月間使用することで治療できます。

重度の肺感染症または髄膜炎は、アムホテリシンBを静脈内投与し、フルシトシンを経口投与した後、フルコナゾールを経口投与することで治療できます。

エイズ患者では通常、クリプトコッカス症の治療が終わった後も引き続き、エイズをコントロールできるまで抗真菌薬(フルコナゾールなど)の服用を続ける必要があり、抗真菌薬は少なくとも1年間は服用することになります。CD4陽性細胞数(特定の種類の白血球の数)が一定の水準まで増加し、かつ血液中のHIVの量(ウイルス量)が非常に少ないか検出できない水準を少なくとも3カ月間にわたり維持されている場合に、エイズをコントロールできているとみなされます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP