Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

アスペルギルス症

執筆者:

Sanjay G. Revankar

, MD, Wayne State University School of Medicine

医学的にレビューされた 2019年 9月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

アスペルギルス症は、アスペルギルス属 Aspergillusの真菌によって引き起こされる通常は肺の感染症です。

  • 肺や副鼻腔内に、菌糸、血液のかたまり、白血球が絡まった球状のかたまりが形成されます。

  • 症状が出ない人もいますが、せきに血が混じったり、発熱、胸痛、呼吸困難が生じる人もいます。

  • 真菌が肝臓や腎臓に広がると、それらの臓器の機能が低下することがあります。

  • 診断のためには通常はX線検査かCT(コンピュータ断層撮影)検査を行い、可能であれば感染物質のサンプルの培養検査を行います。

  • 抗真菌薬が使用され、ときに真菌球を取り除くために手術が必要になることもあります。

アスペルギルスは屋内外のどこにでもいる真菌で、特にたい肥の山、通気口、空気中のほこりの中などに多くみられます。そのため、この真菌を避けることはできません。

通常、アスペルギルス症はアスペルギルス Aspergillusの胞子を吸い込むことで生じます。ほとんどの人が毎日これらの胞子を吸い込んでいますが、感染症は起こりません。しかし、アスペルギルス症は日和見真菌感染症であるため、免疫機能が低下していると、感染症が起こりやすくなります。免疫機能を低下させる要因としては以下のものがあります。

  • 免疫系に影響を及ぼす病気(エイズや一部の遺伝性疾患など)

  • がん

  • コルチコステロイドなどの薬(長期にわたって高用量で使用された場合)、がんの化学療法、臓器移植後の拒絶反応を予防する薬など

アスペルギルス症にはいくつかの病型があります。

症状

肺アスペルギルス症

肺内の真菌のかたまりが症状を引き起こさず、ほかの理由で行った胸部X線検査で初めて発見されることがあります。その一方で、血の混じったせきを繰り返し、まれに死に至るほどの激しい出血が起こることもあります。

侵襲性アスペルギルス症

肺で急速に進行する侵襲性の感染が起きると、しばしばせき、発熱、胸痛、呼吸困難が起こります。この病型の侵襲性アスペルギルス症は、治療しなければ死に至ります。

アスペルギルス症がほかの臓器に広がると、体調が非常に悪くなります。発熱、悪寒、ショック、せん妄、血液の凝固などの症状がみられます。腎不全、肝不全(黄疸[おうだん]を起こす)、呼吸困難がみられることもあります。急速に死に至ることもあります。

表在性アスペルギルス症

外耳道のアスペルギルス症では、かゆみが生じ、ときには痛みを伴います。夜の間に耳から液がにじみ出し、まくらにしみができることもあります。

副鼻腔のアスペルギルス症では、鼻が詰まり、痛んだり鼻水や鼻血が出ることもあります。

診断

  • 感染物質のサンプルの培養、観察、分析

アスペルギルス症は症状から疑われます。感染部位のX線検査やCT(コンピュータ断層撮影)検査でも、診断を下すための手がかりが得られます。

真菌を特定するには通常、感染物質のサンプルを検査室で増殖させ(培養)、観察と分析を行う必要があります。内視鏡(気管支鏡 気管支鏡検査 気管支鏡検査とは、気管支鏡(観察用の管状の機器)を用いて発声器(喉頭)や気道を直接観察することです。 気管支鏡の先端にはカメラが付いていて、これによって太い気道(気管支)から肺の内部を観察できます。医師は、気管支鏡に小さな器具を通し、肺や気道組織のサンプルを採取して、肺疾患の診断や一部の肺疾患の治療に役立てることもできます。気管支鏡には、柔軟なもの(軟性気管支鏡)と硬いもの(硬性気管支鏡)があります。気管支鏡によるほとんどの処置(特に診... さらに読む 気管支鏡検査 や鼻鏡)を使い、肺や副鼻腔から感染物を採取することがあります。ときに、サンプルを採取するために 生検 胸膜または肺の針生検 針生検とは、生検用の針を肺に刺すか、肺を覆う膜(胸膜)に刺して行う処置で、検査用の組織片を採取するのに用いられます。 胸腔穿刺で 胸水(2層の胸膜の間にたまった液体)の原因が判明しなかった場合、肺の針生検(胸膜生検)が行われることがあります。まず、胸腔穿刺と同じ様に、皮膚を消毒して、局所麻酔を施します。次に、切開針を用いて胸膜から少量の組織サンプルを採取し、検査室へ送って がんや... さらに読む が必要になることもあります。

治療

  • 抗真菌薬

  • ときに真菌を切除する手術

アスペルギルス症に侵されている部位が副鼻腔や肺の1カ所にとどまる場合は、治療は必要ですが、進行が遅いため即座に危険な状態にはなりません。しかし、感染が広範囲に及んでいる場合や、患者が重篤な状態に見える場合、または免疫機能が低下している場合は、直ちに治療を開始します。

侵襲性アスペルギルス症の治療には、ボリコナゾール、イサブコナゾール(isavuconazole)、またはときにポサコナゾールやイトラコナゾールなどの抗真菌薬を使用します。しかし、アスペルギルス Aspergillusの中にはこれらの薬が効かない種類もあり、その場合には、アムホテリシンBを使用するか、薬を併用して治療する必要があります。可能であれば、免疫機能が低下する原因になっている状況を是正します。例えば、免疫系を抑制するコルチコステロイドを使用している場合は、医師が中止を勧めることがあります。

外耳道のアスペルギルス症は、真菌をかき出した後に、抗真菌薬を点耳して治療します。副鼻腔にたまった真菌は通常、手術で取り除く必要があります。

肺内の菌球(アスペルギローマ)は薬による治療が通常不要で、通常は薬では効果がありません。こうした菌球が出血(せきで血が出る)などの症状を引き起こす場合は、手術で取り除く必要があります。この感染症は手術により根治できますが、この病気の患者はほかにも病気を抱えている場合が多いため、手術はしばしば危険を伴います。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP