Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

リファマイシン系

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

リファマイシン系薬剤としては以下のものがあります。

  • リファブチン

  • リファンピシン

  • リファペンチン(rifapentine)

  • リファキシミン

リファンピシン、リファブチン、リファペンチンは、それぞれ同様の感染症(結核 結核 結核は、空気感染する細菌である結核菌 Mycobacterium tuberculosisによって引き起こされる、感染力の強い慢性感染症です。通常は肺が侵されます。 結核に感染するのは、主に活動性結核の患者によって汚染された空気を吸い込んだ場合です。 最もよくみられる症状はせきですが、発熱や寝汗、体重減少、体調不良を感じることもあります。... さらに読む 結核 ハンセン病 ハンセン病 ハンセン病は、らい菌 Mycobacterium lepraeまたはマイコバクテリウム・レプロマトーシス Mycobacterium lepromatosisという細菌によって引き起こされる慢性感染症です。感染の結果、主に末梢神経(脳と脊髄以外の神経)、皮膚、精巣、眼、鼻、のどの粘膜に障害が起こります。 ハンセン病は軽症のもの(皮膚の患部が1カ所から数カ所)から重症のもの(皮膚の患部が多数で、多くの臓器に障害が生じる)まで様々な場合があ... さらに読む ハンセン病 など)の治療に使用され、副作用も類似しています。リファブチンは、マイコバクテリウム・アビウム複合体 Mycobacterium avium complex(MAC 結核を引き起こす細菌は、抗酸菌に分類されます。抗酸菌には様々な種類があります。結核を引き起こさない種類(非結核性抗酸菌と呼ばれます)の多くは、特定の人に感染症を引き起こすことがあり、ときに結核と同様の症状をもたらします。例えば、肺に結核や一部の非結核性感染症が起こった場合の主な症状はせき、発熱、体重減少です。 最もよくみられるのがマイコバクテリウム・アビウム複合体 Mycobacterium... さらに読む )による感染症(通常は免疫機能が低下している人のみに生じます)の治療にも使用されます。これらの薬剤は通常、他の抗菌薬と併用されます。

icon

妊娠中や授乳期間中のリファマイシン系薬剤の使用

妊娠中にリファマイシン系薬剤を使用するのは、治療による効果がリスクを上回る場合だけに限定するべきです。リファブチンについては、動物を対象とした研究で胎仔に対する有害な影響は認められていませんが、妊婦を対象とする適切なデザインに基づく研究は実施されていません。リファンピシンとリファペンチンについては、動物を対象とした研究で胎仔に対する有害な影響(先天異常など)が認められています。(妊娠中の薬の使用 妊娠中の薬の使用 妊婦の50%以上が、妊娠中に処方薬や市販薬(処方なしで購入できる薬剤)を服用したり、社会的薬物(タバコやアルコール)または違法薬物を使用しており、妊娠中の薬の使用は増えてきています。一般に、薬の多くは胎児に害を及ぼす可能性があるため、妊娠中は、必要な場合を除いて、薬剤を使用すべきではありません。先天異常の約2~3%は、病気や症状の治療に使... さらに読む も参照のこと。)

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP