Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

リファマイシン系

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

リファマイシン系は、細菌が遺伝物質を作り出すのを抑制することで作用する抗菌薬のクラスです。それにより細菌は死滅します。

リファマイシン系薬剤としては以下のものがあります。

  • リファブチン

  • リファンピシン

  • リファペンチン(rifapentine

  • リファキシミン

リファンピシン、リファブチン、リファペンチンは、それぞれ同様の感染症(結核ハンセン病など)の治療に使用され、副作用も類似しています。リファブチンは、マイコバクテリウム・アビウム複合体 Mycobacterium avium complex(MAC)による感染症(通常は免疫機能が低下している人のみに生じます)の治療にも使用されます。これらの薬剤は通常、他の抗菌薬と併用されます。

リファキシミンは、大腸菌E. coli)による旅行者下痢症の治療に使用されます。

icon

リファマイシン系

薬剤

一般的な用途

主な副作用

リファンピシン

リファブチン

リファペンチン(rifapentine

リファブチン:マイコバクテリウム・アビウム複合体 Mycobacterium avium complex(MAC)による感染症

発疹

肝機能障害

胃腸障害

唾液、汗、涙、尿の赤橙色化

多くの薬剤との相互作用(しばしば用量の変更が必要になる)

リファキシミン

吐き気、嘔吐、腹痛、鼓腸

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のリファマイシン系薬剤の使用

妊娠中にリファマイシン系薬剤を使用するのは、治療による効果がリスクを上回る場合だけに限定するべきです。リファブチンについては、動物を対象とした研究で胎仔に対する有害な影響は認められていませんが、妊婦を対象とする適切なデザインに基づく研究は実施されていません。リファンピシンとリファペンチンについては、動物を対象とした研究で胎仔に対する有害な影響(先天異常など)が認められています。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

授乳期間中のリファマイシン系薬剤の使用は推奨されません。授乳を中止するか、リファンピシンの使用を中止するかは、その薬剤が母親の健康にどれほど重要かによって決定します。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP