Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

メトロニダゾールおよびチニダゾール

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

レビュー/改訂 2022年 6月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

メトロニダゾールという 抗菌薬 抗菌薬の概要 抗菌薬は 細菌感染症の治療で使用される薬です。ウイルス感染症や他のほとんどの感染症には効果がありません。抗菌薬は細菌を殺すか、その増殖を止めることによって、人体に 自然に備わっている防御機構が微生物を排除するのを助けます。 医師は抗菌薬を特定の細菌感染症に対して使用しようとしますが、ときには... さらに読む は、骨盤、腹部、軟部組織、歯ぐき、歯の感染症や、肺や脳の膿瘍の治療に使用されます。これはまた、 アメーバ症 アメーバ症 アメーバ症は、単細胞の寄生虫(原虫)である赤痢アメーバ(Entamoeba histolytica)が大腸やときに肝臓など他の臓器に感染して生じる病気です。 アメーバは食べものや水を介して人から人へ伝染します。 症状がないこともありますが、下痢、便秘、けいれん性の腹痛、上腹部の圧痛、発熱が起こることもあります。... さらに読む ジアルジア症 ジアルジア症 ジアルジア症(ランブル鞭毛虫症)は、単細胞の寄生虫(原虫)であるジアルジア属のランブル鞭毛(Giardia)によって引き起こされる小腸の感染症です。主な症状は差し込むような腹痛と下痢です。 差し込むような腹痛、ガス、げっぷ、下痢、吐き気、疲労感がみられることがあります。 ランブル鞭毛虫(Giardia)を含む便で汚染された水や食べものを摂取したり、感染した人の便に触れたりすることで感染します。... さらに読む という腸管感染症、 トリコモナス腟炎 トリコモナス(Trichomonas)腟炎 トリコモナス(Trichomonas)腟炎は、腟トリコモナス(Trichomonas vaginalis)という原虫が原因で生じる腟感染症です。 通常トリコモナス(Trichomonas)腟炎は性行為によって感染します。 緑色や黄色の生臭い匂いのある分泌物が大量にみられ、かゆみや刺激感を伴うことがあります。 症状から腟感染症が疑われる場合は、おりものや子宮頸部の分泌液のサンプルを検査して、感染症... さらに読む という腟感染症などの特定の原虫感染症や、 細菌性腟症 細菌性腟症 細菌性腟症は、腟内細菌のバランスが崩れたときに起こる腟感染症です。 性感染症にかかっている人や、複数のセックスパートナーがいる人、子宮内避妊器具を使用している人では、細菌性腟症が起こりやすくなります。 細菌性腟症があると灰色や白色で生臭い匂いのあるサラサラした分泌物が大量にみられることがあります。 症状から腟感染症が疑われる場合は、おりものや子宮頸部の分泌液のサンプルを検査して、感染症を引き起こす微生物の有無を調べます。... さらに読む という細菌感染症にも好んで使用されます。チニダゾールは、主にこれらの原虫感染症や細菌性腟症の治療に使用される近縁の抗菌薬です。

メトロニダゾールは、細菌が遺伝物質を作り出すのを妨げることによって作用します。それにより細菌は死滅します。チニダゾールも同じ仕組みで作用します。

メトロニダゾールは通常は内服薬として使用されますが、静脈内投与も可能です。チニダゾールは内服薬として使用されます。

メトロニダゾールとチニダゾールはアルコール代謝を妨げ、吐き気、嘔吐、紅潮、頭痛などの二日酔いに似た不快な副作用を引き起こす可能性があります。メトロニダゾールまたはチニダゾールの服用中および最終投与から3日間は、飲酒を控えるべきです。

メトロニダゾールおよびチニダゾール

一般的な用途

起こりうる主な副作用

メトロニダゾールおよびチニダゾール: 腟トリコモナス トリコモナス(Trichomonas)腟炎 トリコモナス(Trichomonas)腟炎は、腟トリコモナス(Trichomonas vaginalis)という原虫が原因で生じる腟感染症です。 通常トリコモナス(Trichomonas)腟炎は性行為によって感染します。 緑色や黄色の生臭い匂いのある分泌物が大量にみられ、かゆみや刺激感を伴うことがあります。 症状から腟感染症が疑われる場合は、おりものや子宮頸部の分泌液のサンプルを検査して、感染症... さらに読む 赤痢アメーバ アメーバ症 アメーバ症は、単細胞の寄生虫(原虫)である赤痢アメーバ(Entamoeba histolytica)が大腸やときに肝臓など他の臓器に感染して生じる病気です。 アメーバは食べものや水を介して人から人へ伝染します。 症状がないこともありますが、下痢、便秘、けいれん性の腹痛、上腹部の圧痛、発熱が起こることもあります。... さらに読む ランブル鞭毛虫 ジアルジア症 ジアルジア症(ランブル鞭毛虫症)は、単細胞の寄生虫(原虫)であるジアルジア属のランブル鞭毛(Giardia)によって引き起こされる小腸の感染症です。主な症状は差し込むような腹痛と下痢です。 差し込むような腹痛、ガス、げっぷ、下痢、吐き気、疲労感がみられることがあります。 ランブル鞭毛虫(Giardia)を含む便で汚染された水や食べものを摂取したり、感染した人の便に触れたりすることで感染します。... さらに読む など特定の原虫による感染症や、 細菌性腟症 細菌性腟症 細菌性腟症は、腟内細菌のバランスが崩れたときに起こる腟感染症です。 性感染症にかかっている人や、複数のセックスパートナーがいる人、子宮内避妊器具を使用している人では、細菌性腟症が起こりやすくなります。 細菌性腟症があると灰色や白色で生臭い匂いのあるサラサラした分泌物が大量にみられることがあります。 症状から腟感染症が疑われる場合は、おりものや子宮頸部の分泌液のサンプルを検査して、感染症を引き起こす微生物の有無を調べます。... さらに読む

メトロニダゾール:骨盤内および腹腔内細菌感染症

吐き気、嘔吐*

頭痛*

紅潮*、発疹

金属味

手足のしびれやピリピリ感(末梢神経障害)

暗色尿

*これらの副作用は、アルコールとともに薬剤を服用した場合に特によくみられます。

妊娠中や授乳期間中のメトロニダゾールまたはチニダゾールの使用

妊娠中のチニダゾールの使用については、限られたデータしかありません。しかし、動物試験の結果から、胎児に有害な影響が生じるリスクが中等度あることが示唆されているため、妊娠中の女性はチニダゾールの使用を避けるべきです。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP