Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

メトロニダゾール

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

メトロニダゾールという抗菌薬は、骨盤、腹部、軟部組織、歯ぐきや歯の感染症、および肺や脳の膿瘍の治療に使用されます。ガルドネレラ属 Gardnerellaの細菌などによる腟の感染症(細菌性腟症)の治療に好まれて使用されます。

メトロニダゾールは、細菌が遺伝物質を作り出すのを妨げることによって作用します。それにより細菌は死滅します。

メトロニダゾールは通常は内服薬として使用されますが、静脈内投与も可能です。

icon

メトロニダゾール

一般的な用途

主な副作用

トリコモナスによる腟炎(トリコモナスは原虫の一種)またはガルドネレラ属 Gardnerellanの細菌による腟炎

骨盤内および腹腔内感染症

吐き気

頭痛(特にアルコールとの併用時)

金属味

手足のしびれやチクチク感(末梢神経障害)

暗色尿

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のメトロニダゾールの使用

先天異常が起きる可能性があるため、妊娠の第1トリメスター(訳注:日本の妊娠初期にほぼ相当)にメトロニダゾールを使用してはいけません。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

授乳期間中の女性は、メトロニダゾールを使用してはいけません。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP