Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ポリペプチド系

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

ポリペプチド系は、数種類の感染症の治療に使用される抗菌薬のクラスです。ポリペプチド系薬剤としては以下のものがあります。

  • バシトラシン

  • コリスチン

  • ポリミキシンB

一部の細菌は自らを守るための外壁(細胞壁)をもっています。バシトラシンは、細菌がこの壁を作るのを妨げることによって作用します。コリスチンとポリミキシンBは、一部の細菌で細胞壁の下に存在する細胞膜を破壊することによって作用します。それにより細菌は死滅します。

バシトラシンは、主に黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureusによる表在性の皮膚感染症の治療に使用されます。皮膚に直接塗って使用します(外用)。

病院では、より安全な代替薬がない場合に、他の多くの抗菌薬に強い耐性をもつ、コリスチン感受性細菌による重篤な感染症の治療のために、静脈内投与のコリスチンを使用することが増えています。

icon

ポリペプチド系*

薬剤

一般的な用途

主な副作用

バシトラシン

コリスチン

ポリミキシンB

耳、眼、皮膚、膀胱の感染症

重篤な感染症のうち、他の多くの抗菌薬に強い耐性をもつ細菌によるもの

腎臓や神経の損傷(注射の場合)*

*ポリペプチド系抗菌薬は一般的に皮膚や眼に直接使用され、注射での投与はまれです。

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のポリペプチド系薬剤の使用

バシトラシンは外用薬であり、血液中にはほとんど吸収されないことから、妊娠中の胎児へのリスクや授乳期間中の新生児へのリスクはわずかであると考えられています。しかし、安全性が確立されているわけではありません。

妊娠中にポリミキシンBやコリスチンを使用するのは、治療による効果がリスクを上回る場合だけに限定するべきです。ポリミキシンBについては、動物を対象とした研究で胎仔に対する有害な影響は認められていませんが、妊婦を対象とする適切なデザインに基づく研究は実施されていません。コリスチンについては、動物を対象とした研究で胎仔に対する有害な影響が認められています。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

ポリミキシンBやコリスチンを授乳期間中に使用しても安全かどうかは不明です。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP