Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ホスホマイシン

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

ホスホマイシンは独特の化学構造をもつ抗菌薬です。大腸菌Escherichia coliやエンテロコッカス・フェカーリス Enterococcus faecalisによる膀胱の感染症の治療に主に使用されます。また、他の抗菌薬に耐性をもつ細菌による他の感染症の治療にも使用される場合があります。

一部の細菌は自らを守るための外壁(細胞壁)をもっています。ホスホマイシンは、細菌がこの壁を作るのを妨げることによって作用し、細菌を死滅させます。

icon

ホスホマイシン

一般的な用途

主な副作用

大腸菌Escherichia coliやエンテロコッカス・フェカーリス Enterococcus faecalisによる膀胱の感染症

他の抗菌薬に耐性をもつ細菌(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureusMRSA]やバンコマイシン耐性腸球菌などを含む)で、ホスホマイシンに対する感受性のある細菌による感染症*

吐き気と下痢

*これらの感染症にはホスホマイシンの静脈内投与が必要です(米国ではまだ使用できません)。

ホスホマイシンは、通常は副作用の少ない薬ですが、吐き気と下痢を引き起こす場合があります。

抗菌薬の概要も参照のこと。)

妊娠中や授乳期間中のホスホマイシンの使用

妊娠中にホスホマイシンを使用するのは、治療による効果がリスクを上回る場合だけに限定するべきです。(妊娠中の薬の使用も参照のこと。)

ホスホマイシンを授乳期間中に使用しても安全かどうかは不明です。(授乳期間中の薬の使用も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP