Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

ペニシリン系

執筆者:

Brian J. Werth

, PharmD, University of Washington School of Pharmacy

最終査読/改訂年月 2018年 11月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

ペニシリン系は、ベータラクタム系抗菌薬 抗菌薬の概要 抗菌薬は細菌感染症の治療で使用される薬です。ウイルス感染症や他のほとんどの感染症には効果がありません。抗菌薬は微生物を殺すか、その増殖を止めることによって、人体のもつ自然の防御機構が微生物を排除するのを助けます。 抗菌薬は特定の細菌感染症に対して使用します。しかし、細菌を特定する検査の結果を待たずして抗菌薬が使用されることもあります。... さらに読む (ベータラクタム環と呼ばれる化学構造をもつ抗菌薬)のサブクラスです。カルバペネム系 カルバペネム系 カルバペネム系は、ベータラクタム系抗菌薬(ベータラクタム環と呼ばれる化学構造をもつ抗菌薬)のサブクラスです。ベータラクタム系抗菌薬には、ほかにもセファロスポリン系、モノバクタム系、ペニシリン系などがあります。 カルバペネム系薬剤は広域抗菌薬です。つまり、他の多くの抗菌薬に対して耐性をもつ細菌も含めて、多くの種類の細菌に対して効果があるということです。 カルバペネム系薬剤としては以下のものがあります。... さらに読む セファロスポリン系 セファロスポリン系 セファロスポリン系は、ベータラクタム系抗菌薬(ベータラクタム環と呼ばれる化学構造をもつ抗菌薬)のサブクラスです。ベータラクタム系抗菌薬には、ほかにもカルバペネム系、モノバクタム系、ペニシリン系などがあります。 セファロスポリン系薬剤は5つの世代に分けられます。それぞれの世代で効果がある細菌の種類が異なります。 一部の細菌は自らを守るための外壁(細胞壁)をもっています。他のベータラクタム系抗菌薬と同じように、セファロスポリン系薬剤は細菌が... さらに読む 、およびモノバクタム系 アズトレオナム アズトレオナムは、モノバクタム系と呼ばれる抗菌薬のクラスに属する唯一の抗菌薬で、モノバクタム系は、ベータラクタム系抗菌薬(ベータラクタム環と呼ばれる化学構造をもつ抗菌薬)のサブクラスです。ベータラクタム系抗菌薬には、ほかにもカルバペネム系、セファロスポリン系、ペニシリン系などがあります。 一部の感染症を治療する際には、アズトレオナムをアミノグリコシド系薬剤と併用しますが、これは併用することで両方の抗菌薬の有効性が高まるからです。... さらに読む もベータラクタム系の抗菌薬です。

ペニシリン系薬剤は、グラム陽性細菌 感染症は、細菌、ウイルス、真菌、寄生虫などの微生物によって引き起こされます。 医師は、患者の症状や身体診察の結果、危険因子に基づいて感染症を疑います。まず、患者がかかっている病気が感染症であり、他の種類の病気ではないことを確認します。例えば、せきが出て、呼吸が苦しいと訴える人は、肺炎(肺の感染症)の可能性があります。また、喘息や心不全(こ... さらに読む による感染症(レンサ球菌感染症 レンサ球菌感染症 レンサ球菌感染症は、レンサ球菌属 Streptococcusの細菌によって引き起こされる感染症です。これらのグラム陽性の球状細菌(球菌)は、レンサ球菌性咽頭炎、肺炎のほか、創傷、皮膚、心臓弁、血流の感染症など、多くの病態を引き起こします。 種類の異なる菌株が異なった経路で拡大し、例えば、せきやくしゃみ、感染が生じた傷や褥瘡(床ずれ)、経腟分娩(母親から新生児へ)を介して感染します。... さらに読む など)と一部のグラム陰性細菌による感染症(髄膜炎菌感染症 髄膜炎菌感染症 髄膜炎菌感染症は、細菌である髄膜炎菌 Neisseria meningitidisを原因とする病気で、髄膜炎と血流感染症(敗血症)が含まれます。 鼻やのどからの分泌物に直接触れることで感染が拡大します。 全身のけん怠感が生じ、感染部位に応じてその他の症状(重篤なことが多い)が発生します。... さらに読む 髄膜炎菌感染症 など)の治療に使用されます。

ペニシリン系薬剤としては以下のものがあります。

  • アモキシシリン

  • アンピシリン

  • カルベニシリン(carbenicillin)

  • ジクロキサシリン

  • ナフシリン(nafcillin)

  • オキサシリン

  • ベンジルペニシリン

  • ペニシリンV

  • ピペラシリン

一部の細菌は自らを守るための外壁(細胞壁)をもっています。他のベータラクタム系抗菌薬と同じように、ペニシリン系薬剤は細菌がこの細胞壁を作るのを妨げることによって作用し、細菌を死滅させます。

一部の細菌は、ベータラクタム系抗菌薬を不活化する酵素を産生します。このような細菌による感染症には、ペニシリン系薬剤に加えて、その酵素を阻害する薬剤(クラブラン酸、スルバクタムなど)を投与します。一般的な組合せとしては以下のものがあります。

  • アンピシリン + スルバクタム

  • アモキシシリン + クラブラン酸

  • ピペラシリン + タゾバクタム

ペニシリン系薬剤には、内服薬として使用されるもの(アモキシシリン、ペニシリンVなど)と、注射薬して使用されるもの(ピペラシリンなど)があります。どちらの方法でも使用できるものもあります(アンピシリンなど)。

食事によってアモキシシリンが吸収されにくくなることはありませんが、ベンジルペニシリンは食事の1時間前か2時間後に服用する必要があります。アモキシシリンは吸収がよく、消化管の副作用が少なく、投与回数を減らせるため、アンピシリン(内服薬)より多く使用される傾向があります。

icon

妊娠中や授乳期間中のペニシリン系薬剤の使用

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP